« 英検準1級 | トップページ | インディペンデントな生き方は遠い »

2008年6月 3日 (火)

英語力が上がっても年収は上がらない

ブログタイトルである「勉強は年収アップのための手段なのか?」について。

英語力が上がったって年収は上がらない。
というのが今のところの私の実感、というか実態だからです。

今英語の勉強をしていますが、日常英会話を習いに行ってるわけではなく、主にリーディング力の向上を目指して独学をしています。当面のメルクマール として英検準1級のための勉強をしてますが、長期的な目標はニュースや専門書を英語でも自由自在に読みこなすことです。

が、その力をつけても、現状では趣味にしかなりません。英語ができるようになったら給料が上がる?そのためには転職が必要だ。

ちょっと前に、英語ができる女性は年収が4割高いというニュースがありました。『英語を使う人と使わない女性の平均年収は生のデータでは292万円と227万円。英語以外の能力が同一になるように統計的に処理した結果、使う人は40.2%高くなった。(男性は、642万円と521万円) 』とな。これをもって『英語ができると1.4倍年収が違う』とな。勝間さんによれば、『年収3~400万円の仕事に英語が加わると600万円になる。』だそうですし。

しかし、英語を使うことで年収が上がるような仕事っていうのは、そもそも単純労働ではないはずです。日本語であっても、交渉能力や企画構想力が問われる仕事だと思います。英語で年収が上がるというより、言語に関わらず、高度な人間関係力と知的能力こそが、年収が高い秘訣なんじゃないの??”英語以外の能力が同一になるように”統計処理したって言うけど・・・本当に?まあこの統計ではそうしたのだとして。そもそも一般的に考えられる実態としては、仕事で英語を使わない人の仕事内容は、単純な入力作業や販売員、労働集約型の仕事が多くて、逆に仕事で英語を使う人の仕事内容は、いわゆるホワイトカラーが多いでしょう。そしたらそりゃあ年収に差が出るだろう(笑)

なので「英語力が上がれば年収が上がる」と言われる場合、それはイコール「英語力を活かしてより高度な職に転職すれば」なのでしょうか。それだったら、現状私は転職する気がないから当然そうならないです(^^;

でも、転職せずに同じ会社のままでも上がるよ、という例も含めて「英語力が上がれば年収が上がる」と言ってるのだとしたら、それって大企業だけの話じゃないの?と感じます。「大」じゃなくても中堅クラスでもそうかな?もしくは業績次第でボーナスがっつりの新進気鋭のベンチャーとか?それより業種の問題??ともかく、ウチの会社で、語学力をつけたら給料が上がる?ありえないー。英語なんて全く求められていない。よって英語力による査定なんて全く存在しない。英語なんて全くできなくても部長になれる。そして仮に「部長」に昇進したって今より年収60万円上がるくらい。小企業にとって「昇進」とは、単に残業代が出なくなることを意味するだけです。昇進しても年収、たいして上がりません(爆)

『年功序列か成果主義か』なんていうけど、私の実感からすると、それどっか遠い世界の話~?って思う。今や年を取ったって自動的に給料は上がらない。年功システム何それ?。といって、うちの会社は評価システムも査定も何もないので、仕事ができてもできなくても年収は同じ。査定が無いのは規模以前に、単にウチの会社の悪弊ともいえますが、社会構造として中小下請けは、そもそも利益は客先(大企業)に絞り取られてしまうんじゃあああ。もし制度として査定があったても、デキる人にボーナスを加算する、肝心の財政的な余裕の無い下請けは多いと思います。なんせ、仮にウチの会社に査定でボーナスが増減されるシステムがあったとしよう。そんな査定があったって、「今回は厳しいのでボーナスはありません」って時には何の意味もないのだ!中小零細はそもそもボーナスが出るか出ないかのせめぎ合いだ!そもそもが無い時に、査定制度に何の意味があろうか。個人的には、査定あっても窮屈だろうし、なくていいんですけど。(笑)

統計によると、給与所得者のうち、従業員500人以上の企業に勤める人は約3分の1です。半数は、100人以下の小規模事業所に勤めてるんです。なのに、世の中のニュースはその約3分の1の人にしか該当しない出来事ばっかり大々的に取り上げるんだもんな、春闘とかだってさ。

さて、じゃあなんでそんな給料の低い会社を私が選んだのか?が問題ですね。私の年収が低いままなのは、そんな「昇給もない、社内出世したって年収ほとんど増えない、ボーナス査定もない、ていうかボーナス出ないこともある」会社を選んだ自分の自業自得です。それはひとえに、この2点

(1)好きな日に有休を取れるおおらかな社風
(2)スーツを着なくてよいこと

・・・しょうもなくてスイマセン。

でもどっちも私にとっては大事なことなんだもの。いくら給料がよくたって、お金があったって、私用では休ませてもらえない会社は、私には無理です。趣味のイベントに行くために有休を取るには、法事や結婚式などを偽らないといけないような、窮屈な会社は嫌なのです。そして、意に沿わない服装を強要されることも私にとっては苦痛で、それを毎日やらないといけないのは耐え難いです。だからスーツを着ないと勤まらないような仕事はしたくないのでした(^^;

|

« 英検準1級 | トップページ | インディペンデントな生き方は遠い »

社会について思うこと」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/500375/41429446

この記事へのトラックバック一覧です: 英語力が上がっても年収は上がらない:

« 英検準1級 | トップページ | インディペンデントな生き方は遠い »