« 2008年7月 | トップページ | 2008年9月 »

2008年8月

2008年8月18日 (月)

555フェス武道館

今年の夏コミは暑すぎでした(笑)あの耐久レースの後に行ったせいで、1日目は集中力が切れてたんだと思います。2日目は普通に声優さん達の演技に感動!1日目も2日目も2階席でしたが、7列くらい前になっただけで視界が全然違ったし。だって1日目は生でゆかなさんがいるトコ見えなかったもん。2日目は見えたもの!

ギアスサイドの核心:
スザルルの出会いと確執
皇帝とルルの親子喧嘩
カレンのルル&ゼロへの想い
CCの孤独の歩みとルルへの想い

「ルルーシュに償わせるのは僕の義務。僕だけの権利」とか言ちゃって相変わらずスザルルさんは公式でした。

・CCカレンのシーン
ブラックリベリオン後のトウキョウ租界で、ファーストフードのバイトをするカレン。
カレン「ご一緒にポテトのセットはいかがですか~?」
CC「イモは要らない。ピザを出せ」
これがCCとカレンの再会だそうです(笑)そうかーCCたんがカレンを迎えに行ったのかー。

・CCの過去総括
親切な魔女さん、に騙されちゃった女の子のおはなし。15話そのまんまなんだけど、
「女の子は、前よりもっと一人ぼっちになってしまったのです。」のナレーションが凄い…切なさを増す…「生きているんじゃない、ただ死なないだけなんだって」「だけど、黒の騎士団と戦った日々は、久しぶりに私に生きている実感を与えてくれた」

死ぬことが望み、と明かされた15話の流れに比べて、この「黒の騎士団と戦った日々は久しぶりに私に生きている実感を与えてくれた」は、ロロたんの「あの時間だけは本物だった」と同じものを感じてうるうるきちゃいます。ルルだけじゃなくてカレンとか含めて黒の騎士団と戦った日々、なんだろうけど、でもやっぱ、ルルに本当に情があったんだなあっていう感じで…良いナレーションでした。

・CC×ルル×カレンの三つ巴(笑)
カレン「珍しく意見が一致したようね」
CC「意見じゃなくて利害だろ」
カレン「私達は共犯者ってことね」
CC「違う、間違っているぞカレン。私の共犯者は…アイツだけさ」
カレン「その言い方、むかつくわ。ルルーシュそっくりで」

ここ!ここたまらん!!なんてCC×ルル!!!このやりとりだけでも武道館に行った甲斐があるってモンです(*´∇`*)


ハマってるわりに、まだ1期のDVDとかコンプリートしてなくて見てない絵とかたくさんあるので、アーティスト演奏の時のバックに出てた子供時代イラストのコーネリア姉様とユフィ(天使ちゃんな風情の)が初見でした!スザルルナナリー3人で遊んでるイラストとかも元ネタ知らないんだけど、あれってもしかしてイベント用の書き下ろしとかなんでしょうか?

アリプロはたった2曲のイベントのためにあの衣装を2日分ちゃんと変えてくる流石っぷりでしたが、2日目、アリカさんの額にギアスマークが!!さすが芸が細かいです。ていうか本当に魔女みたいで凄かったです。感服。

ギアスも声援は十分おっきかったけど、ガンダムには完全に負けてたー。ていうか、いろいろとガンダムのほうが有利。
・放映中のギアスは、今までの振り返りしかできない。
・2期間近のガンダムは、いきなり4年後のせっちゃんとティエリア、それだけで盛り上がるに決まってるー。ギアスだって、放映開始前に1話の試写会では同じ熱があったんだろうに、そこは時期の問題が…。
・なんだかんだ言ったって、会場の9割以上が女子。そしたら少年2・少女2のギアスより、4人とも美形男子のガンダムのほうが盛り上がるさ(^^;

声優さん人気としても、福山さん櫻井さんよりガンダム陣のほうが凄かったような…。で、宮野さんのアレはなんちゃって刹那コスなんでしょうか(笑)

ロックオンの声優さんが、台本を見るどころか完全に閉じてあの名場面の台詞を言っていたのに部外者ながら心打たれました。す・すごい・・・アレハレ瞬間入れ替わりもすごすぎた!左目と右目でアレハレが入れ替わってたなんて、今回のイベントで初めて知りました、私。(笑)←テレビで何見てたんだ。そしてあの超兵の女の子がソーマ・ピーリスって名前で、アレルヤの言うマリーだってこととか(笑)テレビで1回見たくらいのよく分かってない状態でああいう総集編?をやってもらえると情報が整理されていいですね(笑)

最後のアンコール挨拶がまた、1日目に比べて2日目が大サービスサービス!!とりあえず福山さんがゼロ仮面で出てきたことに興奮した(笑)小清水さんのカレンコスはイベント恒例らしいですが、ゆかなさんもCCコスしてくれたらいいのに~と思ったら、たまらん!!あれカレンのファンだったらたまらんですねえ(笑)いいなあ…。ゆかなさんて、素のほうがバリバリのアニメ声で、CCの時のほうが大人な女な声でなんだかすごい。15話の奴隷少女とかなるときゃぴ声とナレーション声といまのCCと3段階の自由自在でこれもすごい。うるうる泣きそうになった時に「私はCCだからな」ってちゃんとそこだけCC。

最後、舞台の端と端に行って挨拶してるとき、福山ゼロに跪く、小清水カレンの図。
アニメ物で、生!生の醍醐味ッ!!っていうの久々に感じました。(笑)その後さらに萌えたのが、小清水さんとゆかなさんの抱擁シーン(*´∇`*)いや、あれは女の声優さんならでは!

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2008年8月14日 (木)

フェルメール展と江戸東京博物館

高校時代の友人と、フェルメール展(午前)→江戸東京博物館(午後)を見に行きました。

フェルメール展は予想通りの人ごみでした(^^;西洋美術は全然詳しくないし芸術品に対するちゃんとした審美眼もありませんが、そんでも本物を見たあとに、物販コーナーの複製画を見るとちゃんと違いが分かるもんだと思いました。やっぱり本物を生で見るっていうのは大事よね~。

江戸東京博物館では、常設展の前に「北京故宮 書の名宝展」へ。これまた書道も全然詳しくないしマトモな審美眼もありませんがマス目にきっちりの楷書は、これが手書きだなんて!!と感心します。隷書体もデザインフォントみたいで好きだなあ。でもやっぱ草書の魅力は分かりません~~(^^;
江戸東京博物館は初めて行きましたが、館内案内パンフの館長あいさつに「常設展のリピーターも多い」とか書いてあった通り、あれはもう1回行きたくなる…!ていうか、ちゃんと全部見ようと思ったら丸一日あそこに入り浸るつもりでいかないと見切れません。江戸時代の江戸の政治・経済・文化・風俗の集大成な展示。見ごたえあり。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2008年7月 | トップページ | 2008年9月 »