« 勉強は年収のためなのか?という疑問の原点 | トップページ | 勝間和代の日本を変えよう Lifehacking Japan »

2008年9月28日 (日)

1年ぶりTOEIC

今日は1年ぶりにTOEICを受けてきました。
リーディングでPART5をゆっくりやりすぎて、PART 7 の最後の長文を読めずに時間切れ、適当マーク(爆)ダメダメすぎです・・・。最近「速く読む」ってことを意識的にやってなかったからなあ・・・そんなことで、リスニングはもともと当てずっぽうが結構あるし、
リーディングで痛恨の「時間切れ・適当マーク」をかましてしまい、自分のダメさ加減を痛感。
900点はまだまだ遠い(^^;

ちなみに私の傾向(去年のスコア、L400 R440 TOTAL840です)
長めの会話、アナウンス、ナレーション・・・の2項目は、約90%
短めの会話、アナウンス、ナレーション・・・の2項目は、約75%(爆)

こんなスコアの人間も少ないんじゃないかと思うのですが、どうなんでしょう。ただでさえ、普通はListeningの方が(Readingより)良い人が多いんだそうです。実際、ListeningとReadingが同じ点数でもパーセンタイルランクは、全然違いますからねえ。統計数字が示す事実。

その上 私は、Listeningのうちでも短い方がこんなに悪いっていう。私がいかにpart2が苦手か!普通はpart1→4に行くほど難しくなるって言うけど、長い文章のほうが、一つの単語を聞き逃しても全体の話題は分かるのに対して、一文勝負のPART1と2は私には厳しいです。何故世の多くの人はリスニングのほうが得意なのか不思議です。そのコツを教えて欲しい(^^;

|

« 勉強は年収のためなのか?という疑問の原点 | トップページ | 勝間和代の日本を変えよう Lifehacking Japan »

英語」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/500375/42631828

この記事へのトラックバック一覧です: 1年ぶりTOEIC:

« 勉強は年収のためなのか?という疑問の原点 | トップページ | 勝間和代の日本を変えよう Lifehacking Japan »