« 好きを仕事にするって何だろう | トップページ | フィギュアNHK杯を観てきました »

2008年11月28日 (金)

英英辞典と単語学習

Longman Dictionary of Contemporary English

ちょうど神埼先生が語彙学習についての記事を書かれていたので、触発されてみました(笑)。そうか、やっぱり英英辞典は効くのかー。

最近やっと、英和辞典より英英辞典のほうが単語の意味するところが分かりやすいと思えるようになりました(笑)今年は新しい単語を調べるときも、もっぱらこの英英辞典のCD-ROMや、LONGMANのオンライン辞典を使っています。Japan Times社説集を読んでて知らない単語・あやふやな単語があったら、この辞典で調べて、確かめるようにしています。春に英検準1級の対策を始めた頃から、Japan Times社説集2006年~2008年上半期の3年分くらいについてそれをしてるのですが、実際BBCの英語ニュースでも調べた単語が時々出てきますし、1日数ページずつちまちまと読書中のこの本にも次々と出てくるのですよ。おおー。1年前よりも、英語力全般としてはそんなに進歩したとは思えないものの、英語の本やニュースを読むことについては、またちょっと楽になった=語彙がついたなーと思ったりしています。

だけどやっぱり、相変わらずpassive vocabulary が増えても active vocabularyが少ないわけでして。しかもウーゴをやっていても、初めて知る単語・熟語・用法が時々あるので、難しい単語の前に基本を固めるべし、と自分に言い聞かせています。

例えばunit60~70では以下の単語・熟語・用法を今回初めて覚えました。800点台といってもそんなもんです。

unit60
remainder 残額

unit64
congested/congestion 混雑(した)
tow 引っ張る、牽引する

unit66
turn around 好転する、好転させる
ailing company 経営難の会社
stand in for ~の代わりを務める

unit69
~are reminded ~に以下のことをお知らせします

|

« 好きを仕事にするって何だろう | トップページ | フィギュアNHK杯を観てきました »

英語」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/500375/43238651

この記事へのトラックバック一覧です: 英英辞典と単語学習:

« 好きを仕事にするって何だろう | トップページ | フィギュアNHK杯を観てきました »