« 周辺的正社員ってことかしら | トップページ | 第144回TOEIC 受けてきました »

2009年1月10日 (土)

2009年の英語学習目標

こういう記事は年頭に書けよって話ですが(笑)

①TOEIC900!
やっぱりコレは目指したいですね。
そのためには、前の記事でも書いた通り、私の課題はとにかくリスニングです。リスニングを450に引き上げないことには達成できない・・。私にとってはかなり厳しい課題ですが、臆せず取り組んでいきたいと思います。目標は、リスニング450、リーディング460で910点!です。2009年11月のTOEICまでに達成できたらと思います。

②語彙増強(1万語レベル)
TOEICのスコアにはほとんど反映されないのですが、やはり英語の本をすらすらと読むためには語彙強化が必須なので、個人的な趣味として語彙にも取り組むつもりです。
使う予定の教材はコレ↓
TOEIC TEST必修1200語―スコア860レベル

新版でなく旧版なのは、旧版の方がレイアウトが見やすいから。新版のレイアウトは私には使いにくそうだったので。

時々「難しい語彙を覚えるのは無駄、make get takeなどの基本的な動詞とそれらを使った熟語の習得に専念すべき」というようなアドバイスがありますが、これは会話ができるようになるには真理で、スピーキング力のアップのためのアドバイスとしては至極真っ当なものです。passive vocabulary がいくら増えても、active vocabularyが少ないと話せません、それは本当に痛感しています(^^;でもこれを真に受けて、語彙なんか増強するのは無駄なのかというと、そうしていると本やニュースはスラスラ読めません。 海外出張や電話の応対など仕事ですぐにスピーキング力をアップしなくてはならないという場合は、小難しい語彙の勉強なんてやってる場合ではないですが、英語で読書を楽しむためには、語彙増強は実に効果的なのです。なので、私にとっては「難しい語彙を覚えるのは無駄」ではありません。

英語上達完全マップの語彙のページにも下記のようにあります。
『言語学者によると、英語に書かれた物はどんなものであれ、最初の5000語程度で使用されている全単語の95パーセントをカバーするそうです。確かにそれは統計的な事実なのですが、実感としては95パーセントをカバーしてくれるはずのその語彙力ではさっぱり読めないのです。』
『しかし、ペーパーバックを辞書無しに楽しんで読むためには一万から上の語彙力が欲しいものです。学習レベルを超えて、言語として英語を使いこなすためには、少し余裕を持たせて、まずは1万2千~3千語のレベルを目指すことをお薦めします。』

|

« 周辺的正社員ってことかしら | トップページ | 第144回TOEIC 受けてきました »

英語」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/500375/43701841

この記事へのトラックバック一覧です: 2009年の英語学習目標:

« 周辺的正社員ってことかしら | トップページ | 第144回TOEIC 受けてきました »