« 勝間和代のクロストーク「最低賃金 1000円に増額」 | トップページ | 「読んでいる雑誌」 »

2009年2月11日 (水)

「最低賃金 1000円に増額」その2

最低賃金を1000円にするとスーパーやファストフードやコンビニは立ち行かなくなるっていう懸念をよく聞きます。一方で、「時給1000円以下の仕事しか無いなんて人はスキルが低いだけ」「日本人全体がもっと付加価値を生める人材にならないと」という意見も(有能な人から)よく聞きます。
 この2つを統合すると、私がいつも疑問なのは、ありえないけど仮に日本人が全員スキルアップしたとして、それで、大量の労働力を必要としつつ時給の安い業界、コンビニの店員、ファストフード店員、スーパー、福祉の現場、お年寄りの介護などなどのお仕事は誰がやるの?誰かがやらないといけないじゃないか。今は建前としては外国人の単純労働者は受け入れないんでしょう?そしたら日本人の誰かがやるしかない。誰かがやらないといけなくて、でもそういう労働は「時給1000円に値しない」とされてしまったら、結局はイス取りゲームじゃないか。「お父さんは当然(←ここ重要)正社員で大黒柱、お母さんが家計補助、大学生や高校生の子供がおこづかいとしてアルバイト」という時代なら、単なる性別役割分担であってイス取りゲームではなかったかもしれないけど、今はもうそんな時代じゃないのに。
 事務職でも、役所の臨時職なんかだと時給800円台だそうです(友人が実際働いている)。地方のパートだとそれこそ700円にさえ届かないとか・・・(母の実態)。時給が低いからって、単純作業しかしてないなんてことはなく、どちらも話を聞くと正社員並の業務をこなしています。
 時給1000円以下しかもらえないのはスキル不足の自己責任?ほんとうに? 自己責任じゃなくて、同一労働同一賃金が成ってないだけじゃないの?

|

« 勝間和代のクロストーク「最低賃金 1000円に増額」 | トップページ | 「読んでいる雑誌」 »

社会について思うこと」カテゴリの記事

コメント

深夜給でも1000円に届かないバイトですが何か(泣)
んー私はとある接客業のバイトを長いことやっており学業の終わりと共にそろそろ引退しますが、はっきり言って単純作業に分類されるのはたしかに心外ですねー。覚えなきゃいけないことは山ほどありますし、新人さんが入ってきても使えるようになるまではかなりかかります。マニュアルこそあれど、属人的な部分もかなりあります。バイトが何かの間違いでスト起こしたら速攻立ち行かなくなりますよ(笑)
そこだけで生計立ててる人も少ないですし。

>>自己責任じゃなくて、同一労働同一賃金が成ってないだけじゃないの?

バイトとは違うのだよバイトとは!って必死になって否定されそうですけどね。責任がどうたらこうたら。だったらその責任もある程度非正規にも負わせて、代わりに報酬も分け合えばいいのに・・

投稿: sugarlessclipper | 2009年2月12日 (木) 14時50分

コンビニや飲食店、サービス業のパート・アルバイトって時給は安いけど、かなり大変な仕事だと思うんですよ~。立ち仕事+人と接する仕事で、工場のラインと違って淡々と同じ作業をするのではなく色々と臨機応変に動かないといけない。淡々と同じ作業をずっとやるのも別の意味で辛いので、どちらが楽と一概には言えませんが、ずっと工場勤務してきた人達が製造業不況で失業したからといって、いきなり明日からサービス業の即戦力になれるかっていったらかなり難しいと思います。人が余っている産業と、人手不足の産業とがあって、労働力を即座にシフトできたら世の中丸くおさまりそうですが、産業間の移行にはそれなりのジョブトレーニングが必要で、景気変動ごとに即座にスパッと入れ替えはできないのが人間だよなあと思います。

投稿: 九条あおこ | 2009年2月13日 (金) 00時44分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/500375/44013758

この記事へのトラックバック一覧です: 「最低賃金 1000円に増額」その2:

« 勝間和代のクロストーク「最低賃金 1000円に増額」 | トップページ | 「読んでいる雑誌」 »