« 第51回紀伊國屋サザンセミナー勝間和代講演会 | トップページ | レバレッジ英語勉強法 »

2009年2月26日 (木)

Amazon Currency Converter

米国amazonで2回目の買い物をしました。結局また激安中古品のMarketplace です(^^; だって新品だと本体価格に送料足すと高くて~(苦笑)定価+送料900円でも欲しい!という物が出てきたら、amazonの配送にもチャレンジしてみます(笑)

で、購入手続きを進めていったら、この前は無かった新しい機能がついてる!Amazon Currency Converterと称して、請求額がなんと日本円で表示されてます。単に簡易的に日本円換算の概算表示をしているのではなく、米国amazon自体が海外顧客の現地通貨で売ってるのだそうだ。

Q&Aを見ると、下記3点においてお得だそうです。
①Your order total will automatically be displayed in the currency of your qualifying payment card when you're placing an order, so you don't have to use another resource to calculate the cost of your purchase in your local currency.
②Purchasing in a local currency does not involve any foreign exchange conversion by your bank or credit card company, so you don't have to wait for your bank or credit card statement to find the exact price of your purchase in the local currency.
③We "lock in" your exchange rate, so if you decide to return your order or you need a refund, you'll get the original exchange rate used for your purchase.

私が買った2000円にも満たない程度では、クレジットカードの為替レートとamazonのレートで若干違いがあってもたいした金額にはなりませんが(笑)、一応銀行やカード会社のレートよりも悪いことは無いらしい。”since we strive to offer a competitive exchange rate that includes all related fees and charges.”だそうですので。私が買う程度の金額ならドルで買った場合の実際の金額と比べて何円お得なのか考えるほどでもないし、初めから請求額が確定しているのは確かに魅力かもしれないと思いました。

|

« 第51回紀伊國屋サザンセミナー勝間和代講演会 | トップページ | レバレッジ英語勉強法 »

英語」カテゴリの記事

コメント

アマゾンの変換レートはお得ではありません。アマゾンジャパンで何か買ったら、いつも円を選択して、銀行のレートを使います。米国のアマゾンで買ったら、いつも米ドルを選択して、ヨーロッパのアマゾンで買ったら、いつもユーロか英ポンドを選択します。それをすると、銀行のレートもアマゾンのレートも知らせます。銀行のレートの方はいつもアマゾンのレートより安いです。例えば、今月23日にアマゾンマーケットプレイスで本を買って、アマゾンのレートは1円=0.0854270349クローナでした。円で払うのを選択して、銀行のレートを使うになって、レートは1円=0.08390クローナになって、安くなりました。銀行のレートには銀行の手数料が含まれても、銀行の方が安いですよ。

投稿: 誰か | 2010年12月28日 (火) 09時31分

詳しいレート情報、ありがとうございます。海外のアマゾンをそこまで使い込んでいなかったので知りませんでした(^^;とても参考になりました。

投稿: 九条あおこ | 2011年1月20日 (木) 00時48分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/500375/44187423

この記事へのトラックバック一覧です: Amazon Currency Converter:

« 第51回紀伊國屋サザンセミナー勝間和代講演会 | トップページ | レバレッジ英語勉強法 »