« 空き巣被害 | トップページ | 英語学習の記録・文法編 »

2009年2月24日 (火)

世の中相反することばかり(エコと防犯)

空き巣に入られるという嬉しくない初体験をしたため、ネットであれこれ防犯について検索していました。All about Japanの防犯ガイドとか。

防犯のためには「窓の開放は厳禁」ということです。さすがに昼間の在宅時くらいは良いんでしょうけど、女だけの家なら在宅時でも夜間はNG、まして就寝時に窓を開けておくなんて言語道断!ということです。窓を開けてはならぬということになれば、夏になったらエアコンに頼るしかありません。まったくエコじゃない(^^;

実際問題として今時は多くの人がエアコン頼りな生活にはなっているでしょうけども、エアコンをつけて寝るというのは、一般的には「本当は体にはよくない」「本当はつけないほうが体にも良いし、エコにもなる」というイメージだと思います。少なくとも私はそういうイメージです。エアコンをつけないとなったら、夏は閉め切ったら眠れませんから、窓を開けて自然の風を取り入れることになります。大胆にも、アパートの1階の部屋で実行してしまったこともあります(爆)でも、これは防犯の立場から見ると、「絶対やってはいけない」ことなんですねえ・・・。
今でも田舎のほうなら、一軒家の1階の縁側のある部屋で窓全開で就寝するなんて光景もありえるのでしょうが、都市部では、環境にも体にも悪いことを承知で、閉め切らないといけないんでしょう。

就寝時にエアコンをつけるか窓を開けるかについて色々とネットを見ていたら、こんなのもありました。
チームマイナス6%の一環ということで『帰宅したら、すぐクーラーをつける。寝ている間ずっとクーラーをつける。そんな生活をされているなら、一度、クーラーをつける前に窓を開けてみましょう。エアコンは体によいと思いますか?この質問に、「よい」と答える人はほとんどいません。であれば、まずは窓を開けて風を通す工夫をしてみましょう!風がうまく通るようなお部屋なら、エアコンなんていらないはずですよ。』

そりゃーエアコンつけないほうがキモチは良いでしょう。しかし、防犯の専門家によるとそれはやってはいけないそうなので、残念ながら私はエコに反することにします。上記の文章に対するコメントの中にも、『「夜中に窓を開けたままで就寝するのは、防犯上、危険ですからやめましょう」と注意勧告されています。』というのがありました。


また、数日~長期不在にする場合の防犯対策心得として、
◆電気を点けっぱなしにしておく(在宅を装うため)
◆ラジオやテレビを点けっぱなしにしておく(在宅を装うため)
◆手紙や新聞をためない
などが挙げられています。これは警察の人にも言われました。

新聞はもちろん私も止めていますが、照明やテレビを点けっぱなしにしておく!おおお、これまた無茶苦茶エコに反してますなあ(笑)テレビは待機電力をなくすために主電源を切りましょうなんて言われている時代に!しかし防犯上ではこれが「常識」のように書かれています。「つけっばなしでも電気代なんてたいしたことないから」って、電気代の問題?(^^;
文明の矛盾というかなんというか…、便利な世の中になったがゆえに、居なくても照明を点け、見てもいないテレビをつけておかないといけないって、なんだかなあ。

ちなみに「郵便と新聞を止める」ですが、郵便局は止めてくれるから良いのですが、最近の問題はメール便ですね。こちらが要求していないダイレクトメールなんかが勝手にメール便で送付されるのに、それを止める手立てが無い。結果、長期不在にすると、ポストにメール便がたまって不在がバレる。これは今のところどうにもならないようです。ヤマトの営業所によっては留め置き対応してくれる場合もあるようですが、郵便局のように決まった制度としてあるわけではないので、あくまで営業所によりけり。


更に、日没後に外を歩く時の防犯心得として挙げられていたことに、『ヘッドホンステレオの利用はやめましょう。』というのがありました。
これは別に周りの音が聞こえなくなるような大音量で音楽を聴くことだけでなく、携帯電話での通話とかも含め、『周囲への警戒心を散らすようなことをしてはいけない(常に周囲に気をめぐらせて歩け)』という趣旨でした。えええー、歩いてる時間(スキマ時間)のリスニング・リッスン&リピート・シャドーイングは英語学習者にはむしろ「推奨」事項じゃないかー!それを禁止されるなんてっ!(><)


ということで、物事は本当に一長一短というか、一体どっちが善でどっちが悪なのか分からなくなります。こういうのは、以前に書いたスキニービッチの記事でも、生野菜は体に良いのか悪いのか両方の主張がある、というのを書きましたが。

とりあえず、エコには反して窓は閉め切り、玄関の照明を点けっぱなしにしますが(さすがに当面は怖いので心理的にも真っ暗にできない…)、歩行中のウーゴのリッスン&リピートはやめません(笑)


|

« 空き巣被害 | トップページ | 英語学習の記録・文法編 »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

九条さん、こんばんは!
実は僕も昨年、2回空き巣といいますか、洗濯物を盗まれました。
男の一人暮らしなのに、Tシャツとタオル、そして靴下を2回に分けて盗られたんです。
1階の角部屋に住んでいるので、盗りやすかったのかもしれません。
それ以来、洗濯物は室内で乾かしています。
2回目は室内から犯人が見えた(30~40歳位の女性に見えました)ので追いかけたのですが見失いました。
その後、数日間は外で張り込みをしたのですが2度と現れませんでした。
引越しも考えましたが、結局それ以来特に問題も無く過ごしています。
九条さんは室内まで入られてしまったとのこと、大変でしたね。
今後、同じことが起こらないことを願っています。

投稿: HUMMER | 2009年2月25日 (水) 22時14分

HUMMERさんにもそのような体験が!
うーん、男性でも狙われるんですね(^-^; いえ、「泥棒は男、被害者は女」なんてのは単なるイメージであって、現実は男女どちらも加害者にも被害者にもなりうるわけですが。(セクハラだって、女→男のこともありますし)
洗濯物は外で太陽に当てたほうが良いと言われますが、これも防犯を考えるとNGなんですよね~(苦笑)

投稿: 九条あおこ | 2009年2月26日 (木) 01時43分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/500375/44169035

この記事へのトラックバック一覧です: 世の中相反することばかり(エコと防犯):

« 空き巣被害 | トップページ | 英語学習の記録・文法編 »