« 花田塾2回目 | トップページ | 真宗入門 in English »

2009年3月 8日 (日)

花田塾・3/8

来週はTOEIC直前対策の特別授業なので(そして私自身も学生時代の友人達との旅行で出かけているので)、2日連続となりますが、振替授業で今日のクラスに出席してきました。今日も、オーストラリア発音を中心に、同じものをイギリス・アメリカ発音でも聞いて、様々な発音のクセにチャレンジするトレーニングでした。

花田先生の発音クラスは、「舌を丸める」などの普通の日本人にはハードルの高い技の取得を目指した練習ではなく、簡易的にしかし実践的に通じる「一番近いカタカナ表記」で教えていただけるので、私のような発音ベタにはとてもありがたいです。そりゃあ基本に忠実に、本来あるべきネイティブ舌の動きが出来たらそれに越したことはないのでしょうが、それは難行です。花田先生のは、日本語なまりの英語を如何にネイティブに聞いて貰える発音に近づけるかという、無理なく実践できる純日本人向け指南。

それにしても、発音が下手すぎる自分_| ̄|〇
一人ずつ発音する段になると、教えていただいた発音を頭では理解していても、全然その通りに口にできない自分に盛大に凹みます(^^; まあその、誰もが脳内に描いた通りの美しい字を右手(左利きの方は左手)が書いてくれるなら苦労しないのと同じで、私の場合は、脳内に思い描いた通りにはすぐには口が動いてくれません~。今まで発音を重視した学習を怠ってきたツケなので、これから努力するしかないです、ハイ。

あと、我ながらダメだろーと思うのが、 a、 an、 it、 if、 isn't、 wouldなどの機能語の音はまあまあ聞けるのに、肝心の内容語がなかなか掴めない!OnceがWhat's に聞こえてた時には穴があったら入りたいくらい(^^;


しかし、皆さん少なくともリーディングからの連続(多くの方はおそらく午前のリスニングから、丸一日)で受講されていて、私だけ途中乱入する状態で少々心苦しいです。 ←発音クラスの時間に合わせて教室に行くと、リーディングクラスが延長になっていて乱入状態になること多し。私としては「リーディングクラス体験授業」で嬉しいオマケなのですが・・・。本当は3クラス全部きっちり受講すればよいのですが、ちょーっと金銭的に厳しいのーーー(苦笑)

今日の「リーディングクラス体験授業」では、今まで「5~9くらい」と具体的な数で認識していた several が、「2以上」に適用可能ということを初めて知りました。英語って本当に、単数・複数というカテゴリー、つまり「1つ」か「2つ以上」かというカテゴリーで考える言語なんですね~。


 

|

« 花田塾2回目 | トップページ | 真宗入門 in English »

英語」カテゴリの記事

コメント

こんばんは、HUMMERさんのブログから飛んできました。真宗の文字があり・・・友人の坊主のおかげで、門徒ではありませんが若手の勉強会にも出ていました。発音の勉強法に興味がわきました。授業は録音不可ですよね?
今後も記事を楽しみにしております。

投稿: おうすけ | 2009年3月11日 (水) 23時46分

> おうすけ さん
おお、真宗に馴染みのある方が!ありがとうございます。お寺というのは外から見るとなかなかに敷居が高いですよね?(お寺の側は門徒さんじゃないとダメとは思っていないのですが)勉強会にも参加とは、素敵なご縁ですね(^^)

授業の録音は考えたことがありませんでしたが、一般的に考えて”自分の復習のために”ならば録るのもアリなのではないかと思います。でも講演会などでは録音禁止がアナウンスされることもありますし、そこはやはり主催者側の(この場合は花田先生の)考え方次第でしょう。

投稿: 九条あおこ | 2009年3月12日 (木) 23時59分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/500375/44283496

この記事へのトラックバック一覧です: 花田塾・3/8:

« 花田塾2回目 | トップページ | 真宗入門 in English »