« 国別対抗戦・女子フリー | トップページ | ほとんど個別指導 »

2009年4月24日 (金)

【年収200万円からの貯金生活宣言】

年収200万円からの貯金生活宣言
横山 光昭

家計の目安表(収入に対する支出の適性割合の表)が参考になりそうだったので購入。投資指南がメインのファイナンシャル・プランナーの書籍と違って、地に足が着いている印象。実際はタイトルの「年収200万円」だとさすがに、実家暮らしで家賃がゼロとかでない限りはなかなか劇的に貯金を殖やすのは難しいと思いますが・・・(年収200万円では、年間100万円は貯められないでしょー)ともあれ、貯められる絶対値の差はあれ、浪費体質から貯金体質に改善しましょうという本。投資本みたいに「それって月々5万円くらい積み立てできる人向けのお話ですか?」みたいな疎外感は無かったです。←例えばインデックスファンドの積み立てをするとして、バランスファンドを買うのでなく自分で分散投資をしようと思うと、バランスを取るのに最低月3万円、できれば5万円欲しいところなのです。私はそんなに出せないので、バランスファンド(セゾンバンガード)を利用しています(^^;

面白いのが、貯金体質になるための90日プログラムの項目の中に、「クレジットカードは使わない」といった純粋な金銭面だけでなく、「本を読む」という項目があること。著者によると、
『お金を貯められない人には何かを知りたい、習得したいといった意識が薄い傾向を感じます。「お金」と「学ぶこと」には密接な関係があるのです。』(p153)

とすると、日々英語学習に励んでいる皆様は貯金体質が備わっていると言えましょう。


さて、貯金の大敵は借金。その流れで、クレジットカードについては、なるべく使わないことが提唱されていました。でも、今時は「クレジットカードのポイントをおトクに利用しましょう!」と積極的にカード生活を勧めるファイナンシャル・プランナーさんもいらっしゃいますね。これについては、
『最近は、ポイントが貯まるから、支払い手数料がかからないからと、現金があってもクレジットカードで払う人が増えました。しかし、使わないことによるおトクさのほうが総合的に見て必ずや上回ります。』とのこと(p63)

この、ポイントが貯まるからおトクという文句にまんまと乗せられて、私も食料品の買い物もカードにしてみたこともあるのですが、いやー間違いなく浪費する!!(爆)やっぱカードだと気がゆるんでマズイです。だけど、やっぱりポイントは惜しいような・・・とずっと思っていました。

今回、いい機会なので、ポイントは本当におトクかどうか検証してみました。

ちなみに私も何だかんだとあちこちで提携カードを作ってしまい、4枚所持してます(苦笑)
三菱UFJ銀行は、クレジットカード付のキャッシュカードにしてそれの引き落としが1円でもあれば、ATMの時間外手数料&コンビニ手数料が0円になるというサービス!これは私の生活パターン(お金を下ろすのは夜にコンビニで)には絶対おトクだと思ったので作りました。
あとイーバンク銀行もVISAデビット付キャッシュカード(ただしデビットカードは借金にはならないので、カードを持つならこれ!と、この本の著者もオススメしていました)。
あとモバイルスイカと連動でJRのカード(これは10年以上前から所持している)と、パスモと連動の鉄道会社のカード。スイカとパスモどっちかにしろよってゆー話なんですけどねえ、日々の通勤は私鉄で遠出はJRで、結局絞りきれず・・・。

①三菱銀行のカード:1000円で1ポイント。10万円使用で500円分。還元率0.5%
②イーバンクのカード:500円で1ポイント。10万円使用で200円分。還元率0.2%
③JRのカード:1000円で2ポイント。10万円使用で500円分。還元率0.5%【但しJRの切符はポイントが3倍付き還元率は1.5%】
④某私鉄のカード:1000円で1ポイント。10万円使用で500円分。還元率0.5%

各社、ポイントの付き方は違うのですが、実質の還元率はどこも0.5%でした。イーバンクのはデビットなのでちょっと還元率低いです。
こんな風にきっちり計算してみないと、意外と「なんとなくおトク」という雰囲気に流されてしまうんですね。でも実際は10万円分のクレジットカード払いをして、得るポイントが500円玉一つ。節約のできない出費(たとえば月額固定のプロバイダ料金や帰省の交通費)などはカード払いでポイントゲット!はおトクだと思いますが、スーパーでの買い物だったら0.5%のポイントのために気が緩んで1000円余分に買ってたら世話ないですね(笑)

|

« 国別対抗戦・女子フリー | トップページ | ほとんど個別指導 »

書籍・雑誌」カテゴリの記事

コメント

九条さん、こんにちは。私もこの本を最近購入し今日から実行いたします。預金用の銀行選びで悩んでいますが・・・ ついポイント稼ぎでカード決済していましたが、改めます。
私もカツマーの端くれであるためか・・・ディスカヴァー・トゥエンティワンの本をいっぱい買ってよんでいます。実行が伴っていないので・・・痛いです。
いつも感心させられますが、九条さんは文才がありますね。私なんぞショートコメントで終わってしまいます。
今後とも楽しく拝見させていただきます。

投稿: おうすけ | 2009年4月24日 (金) 11時08分

> おうすけさん
コメントありがとうございます(^-^)
銀行もクレジットカードも、あれやこれやとお得ポイントを宣伝してくるので、ホイホイ乗せられていると、カードの枚数は増えるわ、余計な出費はしそうになるわで油断ならないものです。私はクレジットカードの絞込みを検討中です。
実行は私も伴っているとは言い切れないです~(^^;それぞれの著者の提唱されている内容をきっちり成し遂げようとすると、自分の現状との距離の遠さを感じてしまいますが、一つ一つ積み上げていくしかないのだと自分に言い聞かせています。

投稿: 九条あおこ | 2009年4月26日 (日) 01時19分

こんにちは。
あおこさんは、読まれている本や教材や日ごろの考えなどが私よりツーランク上の方なのでとても勉強になります。
てか、これ以上差が広がらないよう、ちょいちょいご訪問させていただきます。
(とりあえずご紹介の本は立ち読みしてきます!)

投稿: えいごっち | 2009年5月 4日 (月) 13時42分

> えいごっち さん

ありがとうございます。私も英検1級&TOEIC990点といった諸先輩方のブログを見ると「自分もあの位置に行けるようになりたい!」と思うわけですが、そのように良質の刺激を受けることって大事だよなあと思います。私の記事が刺激になれているなら光栄です。「良質の」刺激と言えるかどうか分かりませんが、良質に近づけるようにしていきたいです。
英検準1級、がんばって下さいね。

投稿: 九条あおこ | 2009年5月 6日 (水) 10時02分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/500375/44770508

この記事へのトラックバック一覧です: 【年収200万円からの貯金生活宣言】:

» [書評]年収200万円からの貯金生活宣言 [keitaro-news]
年収200万円からの貯金生活宣言 3800人の貯金ゼロ家計を再生させてきた凄腕コンサルタントが、借金があっても、年収200万円でも実現できる貯金方法を教えてくれます。 貯金をするための方法は、収入を増やすか、支出を減らすかのどちらかです。みなさん、貯金をするとなると... [続きを読む]

受信: 2009年5月 8日 (金) 05時36分

« 国別対抗戦・女子フリー | トップページ | ほとんど個別指導 »