« 日本人英語脱却 英語マスターセミナー | トップページ | 【村上式シンプル英語勉強法】と単語の覚え方 »

2009年5月31日 (日)

第146回TOEIC受けてきました

フォームは4FIC10でした。

TEX加藤さんのところの決意表明では、景気よく、
【今回の目標スコア】 L470 R480 T950
と書いてきましたが、ちょっと・・・ダメっぽい(苦笑)
6月に花田塾で再修行して、7月のTOEICで出直してきます。

何と言っても、時間がギリギリになってしまって、見直しをするどころか最後のDPの1問が時間切れで塗り絵に(爆)900点台保持者として、塗り絵ってどうよ_| ̄|○

時間切れの一番の敗因は、往生際悪く、リーディングの時間に入ってから、リスニングで自信がなかった数問を見返してしまったことです(苦笑)あれでリスニングの正答は2問くらい増えたと思うんですが、それでpart7落としてたら意味ないよう!part5、part6は、以前よりも速く&自信を持って解答できましたが、結局part7突入したのがいつも通り、14:15。で、どうも最初の方で無駄な時間を使ってしまったのか、最後がギリギリに・・・。
もう一つの敗因は、中村澄子先生の【できる人のTOEICテスト勉強法】P87に書いてあったテクニック、『(パート3、4は先読みが大事なので)答えには点をつけるだけというようにしましょう。塗りつぶさないで、点をつけるだけです。その点の塗りつぶしはリーディングセクションの時間の最初にすればいいと思います。』を実践してみたら、これが上述の「リスニング問題の見返し」と相まって、6分浪費しました(^^;この戦術は、私はやらない方が良いようです。次はちゃんと1問ずつ塗ろう。
ちなみに、毎年秋~冬に受験していて、今回初めて春~夏に受験しました。(リサイクル問題=既知の問題はありませんでした。)

ただ、点数はともあれ、体感としてはいずれのパートも前回までよりも理解度が上がっていました。「正解が見える」という感覚?

<リスニング>
明らかに、去年よりも「ちゃんと分かって答えた」ものが増えました。
part1は、吊り橋の問題は撃沈(ひっかけ以前に、何言ってるんだかサッパリ不明)、自転車は勘でしたが、他は正解できた模様(花田先生のブログに速報あり)
part2は、質問文or選択肢が全く聞き取れず「知るか!分からんのはC!」(←自分ルール・笑)で流したものが5~7個くらいあったものの、半分くらいを「分からんのはC!」で流していた時代から比べると、進歩したかなと(笑)まあpart2は質問文を聞き取れなかったら終わりなんですけど・・・(だから苦手)
part3では、イマイチ聞き取れなかった部分はあっても、完全な勘マーク(←「分からんのはC!」)は2個で、あとは消去法で2択までは行きました。運がよければ合ってるでしょう(笑)
part4は完全な勘マークは無かったかな?こちらも消去法で2択までは行きました。運がよければ合ってるでしょう(笑)

<リーリング>
part5は、今回は全文は読まずに解けたのがたくさんあって感動(笑) でも既に2つ間違えてます。
part6も、1つ間違えているのは確定ですが、今までよりは「何が問われているか」が見えるようになりました。
aprt7は、シングルパッセージのほうはまだ余裕があったので勘マークはありませんが(正答できたかどうかは別として)、ダブルはタイムリミットが迫って焦ってしまい・・・最後塗り絵では、勘マーク以前の問題sweat02
TBRで質問した「女性が9月にすることは何か?」の問題、解説いただいた「日付が8月になってるメール文中で、『今月末までこの会社で』と言っている」の部分を読んでいる最中に「試験時間終了です」と試験官に言われてしまい、塗り絵をした次第。あうー。

ところで、問題冊子のシールを切るのに受験番号カードを使うという技、すごく良いです(笑)スパッといきました!

|

« 日本人英語脱却 英語マスターセミナー | トップページ | 【村上式シンプル英語勉強法】と単語の覚え方 »

英語」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/500375/45195924

この記事へのトラックバック一覧です: 第146回TOEIC受けてきました:

« 日本人英語脱却 英語マスターセミナー | トップページ | 【村上式シンプル英語勉強法】と単語の覚え方 »