« We will recoverは力強い予測の言葉 | トップページ | ブログ通信簿 »

2009年5月21日 (木)

花田塾の発音クラス2期目

火曜日は、花田塾にて発音の授業を受けてきました。アメリカ・イギリス・オーストラリアそれぞれの発音の違いについて聞き取る授業でしたが、3月に受けたものとは全く違うアプローチでした。今回は、単語レベルでの発音の違いについてフォーカスされた教材を使用、3カ国の発音を並べて違いを体感するというものでした。いやーあんなに違うなんて!なんじゃーそりゃーっていう発音のものもありました。
ディクテーションの宿題が出まして、まずオーストラリア発音で挑戦するようにというお達しでしたが、オーストラリア発音では撃沈しまして、イギリス英語でなんとか全体を書き出し、アメリカ英語で細部をチェックしました。まだ1語だけどうしても聞き取れない単語があるんですけど(^^;

授業で3問だけ、part2形式の問題もやったのですが、質問文or正解の選択肢は聞き取れていなかったが、消去法で当たった、という体たらくでした。全て聞き取れた上で当然これでしょう!という境地にはまだまだ達していません。(苦笑)リスニングはまだまだ修行不足のため、6月も引き続き花田先生のお世話になるつもりです。(今度はリスニングクラスで)

今までずっと独学でゆるゆると学習していましたが、今年は、なけなしの貯金をはたいてスクールに通ってみようと思います。プロ師範の指南をあおぐことで、真の上級者になるための手がかりを掴みたいと思っています。

***
5/31(日)の第146回TOEIC公開テストの受験票が届きました。会場は駒沢女子大学です。ここに行くのは3回目くらいかな~

受験票が来たら、私はすぐに写真を貼ることにしています。前日の夜になって「しまった証明写真が無いぃぃ!」と慌てることを避けるためです(やりそうで危険なんで・・・)。


|

« We will recoverは力強い予測の言葉 | トップページ | ブログ通信簿 »

英語」カテゴリの記事

コメント

九条さん、おはようございます。リーディング・リスニング・発音の3つを受講されていたのですか? 既に高得点取得されていると既知のことばかりだったりしないのでしょうか? 

投稿: おうすけ | 2009年5月21日 (木) 08時24分

こんにちは!九条さんの最近の記事から凄いエネルギーを感じますね! 私も踏ん張りどころなので頑張らないとと思います。花田塾今度はリスニングクラスですか~5月の直前対策と合わせて来期から私もリーディングかリスニングを受講しようか迷っています。また色々と記事楽しみにしています。

投稿: researcher1980 | 2009年5月21日 (木) 12時42分

> おうすけ さん
現在受講しているのは発音クラスのみで、リーディングはオマケで一部分(発音クラスの開始時刻に行くとリーディング授業が長引いていて最後のほうを聞けたりする)、リスニングは無料体験を含めまだ受講した経験がありません。
発音クラスに関しては、独学による英語学習では全く聞いたことがないことばかりです!これはTOEIC学習者に限らず、ほとんどの人にとって新鮮だと思います。花田先生の独特の持論による発音指南なので、性に合わない人・それはおかしい!と思う人はいると思いますが。
リーディングに関しては、授業に出てくる単語・表現自体はほとんど既知のものですが、曖昧だったものをきっちり整理できる感覚です。

> researcher1980さん
ここまできたらリスニング授業も受けておきたい!という気持ちになりました(笑)花田先生の授業なら、TOEIC的テクニックだけでない何らか得るものがあると信じているので。5/30は他の予定があり直前対策は受けないのですが、7月以降、英検対策に浸かった中でTOEICを受ける直前には勘を取り戻すためにもまた花田節を拝聴しに行きたいと思っています。

投稿: 九条あおこ | 2009年5月21日 (木) 22時12分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/500375/45078183

この記事へのトラックバック一覧です: 花田塾の発音クラス2期目:

« We will recoverは力強い予測の言葉 | トップページ | ブログ通信簿 »