« バートン・マルキール氏講演その1 | トップページ | 「今日から始めるパッシブ投資」 »

2009年5月17日 (日)

バートン・マルキール氏講演その2

「不透明な時代に勝つための投資術 ~バートン・マルキール教授を招いて~」@有楽町朝日ホール

その2は、英語学習者としての感想です。
インデックス投資セミナーとしてのまとめはその1

日本の素人投資家が対象の基調講演ということでなのか、いつもそうなのかは分かりませんが、とてもゆっくり丁寧に話されていたので、生の英語と言っても聞きやすさで言えばTOEICなどの「教材英語」に匹敵しました。とにかくゆっくり話されていたので、スピードが追いつかない!ということは全くなく。というかスピードだけならTOEICより遅かったですから(笑) マルキール氏の講演の前に、マルキール氏の紹介をしたバンガードの方の英語も、教材のナレーターかと思うくらいクッキリと聞きやすい英語でしたし、スピーチに慣れている方の英語は聞きやすいなあと思いました。
あと、TOEICのリスニングだと何の話題かは始まってみないと分かりませんが、こっちは「金融か投資の話」と決まっているので、そういう面でも聞きやすかったです。それに日本人相手の講演なので、大統領の就任演説みたいに聖書からの引用があったりとかいう「文化的背景知識がないと分からない表現」が盛り込まれるわけでもなく、ほんとインデックス投資の予備知識さえあれば聞ける内容なので。
いやしかし予備知識の重要さを感じました。自分がよく理解できていない事柄(サブプライムローンの証券化で高格付けになる仕組みや、株の収益率の話)になると途端に理解度が落ちるのです。英語力っていうより、背景知識の有無に大きく左右されました。

前半は聞くだけで精一杯で、全くメモできなかったんですが、後半はちょこちょことキーワードは書き取ってみました。・・・だけど走り書きすぎて自分でも何て書いてあるのか分からないもの多数(爆)
それに、メモがあっても、英語で復元しようとすると「…動詞なんだったかな」とか「冠詞はどう・・・。これ単数でいいのか?」とか壁にぶちあたり過ぎて結局日本語でしかまとめられないし。ああ~ライティング力の無さが露呈(^^;

聞いてる最中はいちいち日本語に訳しているわけではないのに、聞いた内容の要点メモを書こうとすると日本語でしか浮かばないというこの不思議。今しがた聞いたばかりの部分でも、聞いた内容を日本語では言えるのに、英語で何と言ってたのかは思い出せない、ハッキリしない。例えば、「各国の中央銀行が流動性供給を積極的に行っている」っていう内容のことを言っていたのはわかるのに、英語では何て言ったんだろう?ってなるのです。central bank ,increase, liquidity は多分あったと思うけれど、各国って?どんどんお金を流し込んでいる、というイメージは残ってるけど、「どんどん」の部分は何か副詞があったんだろうか?とかなって、英語でのメモが取れない。英語で復元できないというのは、スピーキング・ライティングが出来ないことと関連していそうだけど。英語のままで記憶できないってダメだよなあ。


それにしても生の英語に挑戦してると思うと、本筋とは関係ないところで、単語を聞き取れたことに感動したりとか、余計なことも色々してました(笑)

例その1
for nine consecutive years が含まれる文を繰り返した時、言い換えで「nine years straight」になってた!おおーこのようにしてパラフレーズするのか~と本物に感動。

例その2
サブプライムローンがいかに超ゆるい基準でどんどん貸し出されていたかについて、no jobでも、 no incomeでも former criminalでもお構いなし、と言っていました。former criminalって、日本だったら前科者に住宅ローンは貸してくれないだろうなあとか、どうでもいいことなんだけど(笑)妙に頭に残りました。

例その3
when inflation breaks out. という表現があった。そうか、inflationもbreak out するものなのか!

例その4
コストの低いほうから4分の1と高いほうから4分の1…の話で出てきた「quartile」という単語。quarterの派生語だと分かるのに1分くらいかかりましたが、分かった時はちょっと嬉しかった(笑)

約1時間の基調講演を必死に聞いてたら思った以上に集中力を使ったみたいで、第一部が終わったら、けっこうフラフラになってました(^^;

もしこの講演がリスニング教材になったら何度でも聞けちゃうなあと思います。やっぱり自分が興味のある内容だというのは大事だと実感しました。

|

« バートン・マルキール氏講演その1 | トップページ | 「今日から始めるパッシブ投資」 »

英語」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/500375/45049635

この記事へのトラックバック一覧です: バートン・マルキール氏講演その2:

« バートン・マルキール氏講演その1 | トップページ | 「今日から始めるパッシブ投資」 »