« 千本ノック!3周目 | トップページ | 花田塾についての私的所感 »

2009年5月24日 (日)

世帯所得の中央値は448万円

平成20年の国民生活基礎調査の結果が出たということで、昨日・一昨日とヤフーニュースなんかにも出ていましたが。

例えば生活意識「苦しい」6割、2年連続で過去最多、平均所得は10万円減

新聞各社の記事をヤフーで引っ張ってますが、どこも「1世帯あたりの平均所得は、前年に比べ10万6000円少ない556万2000円で」のように書いてます。平均値は錯覚だっちゅーの。平均値なんて、一人富豪が出ればアッサリ上がるじゃんよ(笑)なので、庶民の実感とは少々ズレるのです。

私はこの手の話をする時は、中央値を使うべきだと思ってんですけどねー。
ちなみに厚労省のページで確認すると『中央値は448万円であり、所得金額が世帯全体の平均額(556万2千円)より低い世帯の割合は60.9%となっている。』とのこと。

並べると、
20年(2008)は中央値が448万円、平均値は556万2000円
19年(2007)は中央値が451万円、平均値は566万8000円
18年(2006)は中央値が458万円、平均値は563万8000円
17年(2005)は中央値が462万円、平均値は580万4000円
16年(2004)は中央値が476万円、平均値は579万7000円
14年(2002)は中央値が485万円、平均値は602万円
12年(2000)は中央値が506万円、平均値は626万円
10年(1998)は中央値が536万円、平均値は657万円
08年(1996)は中央値が550万円、平均値は659万円
(どうでもいいけど、役所はなんで平成(元号表記)にこだわるかな!西暦にしようよ、全く・・・)

ほらー、平均値は多少上下してますが、中央値は見事なまでに下降一直線。

「格差が広がっているというのはウソ」とかまあ色々論議はあるようですが、(高齢化が進んだだけだ、高齢者に貧富の差が激しいだけだ云々)こんだけ見事に平均も中央値も下がっていたら、庶民の生活実感としては、「格差社会だー!」と言いたくなるってもんだろう。

ちなみに、中央値である450万円くらいないと、自分で分散投資するのは厳しいよなあと思います(^^;それ以下だと(私もだが)、バランスファンドを月1万円とかが精一杯なんじゃよー。(もちろん、独身か、子どもがいるか、など各々の状況によるので一概には言えませんが)


*上記データは「平成××年 国民生活基礎調査の概況」でググると、すぐ出てきます。

(補足)年金生活者世帯が増えると、そういう人達はフローの所得は少ないので中央値も引き下げます。でもフロー収入が少ないだけで、家アリ貯金アリついでにグロソブなんか持ってたりして(笑)、「ストックリッチ」の人が多いので、実際はフローの所得金額以上の生活レベルが可能です。厳密には、『世帯主の年齢階級別の所得の状況』なんかをチェックして、年金生活者だけの世帯は除き、現役世代世帯だけのデータで比べるのが筋かなーとは思いますが、そこまでの綿密なリサーチはできていません。ただ、今のご老人達って、貯金をたっぷり持っていても「老後のために」とか言って(アンタ今老後だろう)切り崩さないイメージがあるので、実際に日々の生活はフローで入ってくる年金額に準じて生活していそうな気もしますが・・・ま、家賃や住宅ローンが無いだけでもストックリッチと言えるよねえ。


|

« 千本ノック!3周目 | トップページ | 花田塾についての私的所感 »

社会について思うこと」カテゴリの記事

コメント

突然恐れ入ります。混沌堂と申します。

ちょうど僕も中央値のことをブログに書こうかな、と思って「中央値」で検索したところ、この記事を発見しまして、書き込ませていただきました。

賃金などの散らばりが多い調査対象に対して中央値を使うというご意見に激しく同意します。ただ僕の周囲も含め、中央値という概念自体を知らない人が多いようです。

「代表値はむずかしい概念ではないので、せめて中央値、最頻値くらいは義務教育内で教えてもいいと思うんですけど・・・・。」

と、こんな内容のことをブログに書いてみようと思っているところです。

九条さんのブログは厚生労働省のデータも含めてしっかりと書かれていることと、その数字自体が僕の予想と合致していたのでものすごく参考になりました。

もしご都合が悪くなければ、リンクはらせて頂きたいのですが、よろしいでしょうか。

では失礼します。

投稿: 混沌堂 | 2010年3月31日 (水) 06時41分

> 混沌堂 さん
はじめまして、私のブログにお越しいただきありがとうございます。
リンクはるのは全然問題ないですよ~。よろしくお願いします。

この記事、「中央値」の検索で来られる方が多く、なぜかブログ内で最もアクセス数の多い記事となってしまって、自分でも驚いています。記事にしておけば、自分で後でこの数字が知りたくなった時にも便利かな~とか思いながら書いた記事でした(笑)所得の場合はやはり「ちょうど真ん中」の人がどのくらい・・・としたほうが、実感に近いよなあと思います。

投稿: 九条あおこ | 2010年4月 1日 (木) 07時20分

ありがとうございます。明日にでもアップしようと思います。というか久々にまじめなブログを書くせいか、うまく文章にまとまらず、困っているところですが(^^;。

投稿: 混沌堂 | 2010年4月 1日 (木) 21時47分

キーワードを入力

投稿: cheap jordans | 2011年2月25日 (金) 14時56分

突然ですいません。世帯所得の中央値で検索したらここにきました。

上記の方でリンクの方問題ないとのご回答
なされておりまして、当方でも、とてもいい

記事と思いますので日記の方でリンクしたいと思います。何卒よろしくお願いします。

投稿: cooljapan | 2011年9月14日 (水) 19時28分

>cooljapan さん
すみません、しばらくブログ自体を放置してしまっていました(汗)リンクしていただきありがとうございます(^-^)

投稿: 九条あおこ | 2011年10月31日 (月) 01時23分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/500375/45107744

この記事へのトラックバック一覧です: 世帯所得の中央値は448万円:

« 千本ノック!3周目 | トップページ | 花田塾についての私的所感 »