« 「出る順」は正確には「出た順」 | トップページ | バートン・マルキール氏講演その1 »

2009年5月16日 (土)

デビットカードの盲点

デビットカードを推奨するのもどうかと思う事件が。

amazonのマーケットプレイスで買い物をし、いつも通りイーバンクカードのデビット払いで即時に引き落とされました。
が、翌日に、出品者都合で(店舗併売のための在庫切れ)注文キャンセルに。amazonからは【なお、このご注文に関するクレジットカードへのご請求はありません。】というメールが来ました。おいおいおい請求は無いもなにも既に引き落とされてるがな!!!!と焦り、amazonのヘルプやら、イーバンクのヘルプやらあちこち延々とさまよってもよく分からず、amazonへの抗議メールも準備し(イーバンク側の問題と分かったのでこれは未送)、イーバンクに返金してくれよメールを出し、ぐったり疲れたところでふと「イーバンク デビット マーケットプレイス 返金」というようなキーワードでググったら、同じ目にあった人が即出てきた!あっさり解決した!そうか、よくあることなんだ・・・(^^;

例えばコレ
【なお、このご注文に関するクレジットカードへのご請求はありません。とメールがきました。しかし、イーバンクの口座にログインし入入出金履歴をみるとその商品の金額の分はマイナスとなっていて、もちろん口座も引かれた残高となっています。この金額分については、のちほどカード会社から返金されるのでしょうか?】→返金されるらしいです。

その後で気付いたが、amazonのヘルプのクレジットカードのところに『デビット機能付きクレジットカードのご利用について』という項目がちゃんとある。ずっとマーケットプレイスのヘルプばっかり見ていて気付かなかったー(苦笑)


さて、私のは自覚のある取引だからいいけれど、「イーバンク デビット 返金」という検索ワードにすると、「イーバンクのVISAデビッドが不正利用」というような体験談もざくざく出てきて、ちょっとおそろしい。うーん、まあ不正利用の危険はクレジットもデビットも同じですが、デビットの場合はクレジットと違って即・引き落とされてしまうのが問題です。しかも、デビットなだけに不正利用といっても数千円だったりして、そうなるとその後に補償請求する労力が割に合わないっていうか・・・いやクレジットで何十万とか不正利用されたら精神的に打撃大きいけど。

デビット機能は利用停止もできるけど、いちいち解除するのはめんどくさいから、利用停止かけてたらamazonで使っていられないし(予約注文していた分が、デビットが引き落とせなくて出荷停止とかされても困るし)マーケットプレイスはカード引き落としだけしか使えないし。

今までイーバンクのデビットカードは実質amazon専用状態だったのですが、『年収200万円からの貯金生活宣言』でデビットはクレジットと違って借金じゃないからカード決済ならコレ!と強く推奨されていたので、これからはamazon以外のカード決済もイーバンクデビットに統一しようかな~と思っていた矢先に、この一件。うーん。

とりあえず分かったのは、金額の変更やキャンセルが起こりうるネット通販に使うと、返金されなかったり2重引き落としされたりというリスクが増すということ。なので、金額の変更もまず有り得ないしキャンセルもしないものならいいけど、他のはやめたほうがいい気がします。

|

« 「出る順」は正確には「出た順」 | トップページ | バートン・マルキール氏講演その1 »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

タイトルの「落とし穴」は大袈裟でしょ。
デビッドの機能自体は明らかに便利な物なのだし、
せめて「注意点」とでもしておくべき。

投稿: 冒険野郎 | 2013年12月21日 (土) 09時53分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/500375/45034888

この記事へのトラックバック一覧です: デビットカードの盲点:

« 「出る順」は正確には「出た順」 | トップページ | バートン・マルキール氏講演その1 »