« 英語は全国民に必要か? | トップページ | 日本人英語脱却 英語マスターセミナー »

2009年5月30日 (土)

確率と体感は別

一般化できない個人的体験では意味がないというのは、勝間さんが何かでおっしゃっていました。(例えば、1000分の1とかの確率でFXでたまたま一儲けできたとして(笑)、その個人的体験でもって「専業主婦がFXで○億円稼いだ!」と喧伝したところで、それをマネしても1000人中999人はそうならない)

逆の例を取り上げてある記述に出会ったので、以下ちょっと長いですが引用。
------------------------------------------------
個人的体験ではなぜだめか: 妊産婦死亡率の推移を例に

昔は死亡率が高かったからといって、じゃあみんながみんな死んでいたかというと、もちろんそんなことはないのですね。1960年の死亡率が10万出産あたり100人で、今よりも20倍もリスクが大きかったとはいっても、1000回のうち999回までは無事に済んでいるわけです。だから、当時出産を経験した人のほとんどは「無事だった」という体験をしているはずです。それが今は「10000回のうち9999回以上が無事」に変わったのですよね。医療の進歩によって。この違いは、個人のレベルではほとんど実感できないでしょう。しかし、社会全体として見れば、ずいぶん違う。

(「自然なお産」の死亡リスクが)仮に1960年のレベルだとすると、死亡リスクは数十倍にはねあがります。でも、当然ですが、ほとんどすべての出産は死亡につながりません。リスクは明らかに上がったのですけどね。すると、個人的体験のレベルでは「産科に行かずに自然にまかせたけど、問題はなかったよ」ということになるわけです。1000件中999まではそういう体験になります。

自分が問題を感じなかったからといって、同じことを他人に薦めるとしたら、相手に数十倍のリスクを押し付けていることになります。でも、たぶんほとんどの場合には問題が起きないでしょう。リスクを押し付けたことにも気づかないのでしょう。
個人的体験で語るというのは、そういうことです。
---------------------------------------------
統計的事実はやっぱ数字であって体感はできない、頭で理解するしかないというのが菊池先生の見解。

例えば、××ジャンボ宝くじの1等が当たる確率(発売枚数によるが、だいたい250万分の1~100万分の1らしい)が、仮に10万分の1に上がったところで、10万回買ってやっと1回当たるんだから、一生当たりそうにないことには変わりない。個人的体験としては「当たらない」で同じ。

例えば、現在13,000分の1の交通事故で死ぬリスクが、1,300分の1に増えることがあったとしても、やっぱめったなことでは当たらないから、個人的体験としてはたぶん変わらない。でも、もしもそんなことになったら、社会的には大問題。

4%の失業率がもし10%に増えたら、そりゃあ問題だ。4%でもぶち当たる人は当たるし、でも96%の人は当たらない。10%になったって90%の人は当たってないんだけど、でもやっぱり社会的な大問題だ。

結局確率なんてのは、客観的にはパーセンテージ足りえても、個人の結果においては「100%か0%」の二者択一。真ん中はない。当たるか当たらないか、イチかゼロか。50%当たったということは無い。「体験する(100%)」か「体験しない(0%)」のどちからにしかなれない。


英語学習法にしても、自分の体験で「こうしたらよかった」という方法に客観性があるかどうかは分からんわけです。ただまあ「全く努力しないで出来るようになる」のは、宝くじ1等に当たる以上に、無理だろうな、うん(笑)

|

« 英語は全国民に必要か? | トップページ | 日本人英語脱却 英語マスターセミナー »

社会について思うこと」カテゴリの記事

コメント

個人的な体験を一般化して語る業界って多いですよねえ。投資とか、教育とか、健康とか、ダイエットとか・・・100年後も今と同じように客観性の無いこと延々と語ってそうです。その点、日向先生などは学習法を語る時に語学修得の研究をきちんとリサーチして、文献のソースを示しているところは流石だと思います。
ネットのおかげである程度の数の体験談を収集できるようになったことは学習者にとって意義が高いと思います。それにいくつも見ていると「ああ、これはただの宣伝だな」と思えるようなコメントは自然に分かるようになるのが不思議です(笑)。

投稿: Char | 2009年5月30日 (土) 03時33分

> Char さん
コメントありがとうございます。

>投資とか、教育とか、健康とか、ダイエットとか・・・
健康食品とダイエットは、投資や英語学習よりもターゲット範囲が広いだけに、凄そうです(^^;喧伝するほうもアレですが、納豆やバナナが品切れる日本って一体…と思いますが…。

確かに、場数を踏むうちに「これは本気だ」「これは薄っぺらい」というのは分かりますね。信頼に足る、と思っても、自分に合う合わないはやっぱりあるので難しいところですが。

でも英語もこれからますます重要性が増して、今以上にうさんくさい輩が増えそうです。投資は実際たまには「まぐれ」もあるけど、英語はまぐれで出来るようにはならないぞー(笑)

投稿: 九条あおこ | 2009年5月31日 (日) 00時05分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/500375/45142612

この記事へのトラックバック一覧です: 確率と体感は別:

« 英語は全国民に必要か? | トップページ | 日本人英語脱却 英語マスターセミナー »