« 外耳炎再び | トップページ | デビットカードの盲点 »

2009年5月15日 (金)

「出る順」は正確には「出た順」

今取り組んでいるこちらの単語集

出る順で最短合格! 英検1級単熟語

英語上達完全マップのボキャビル法にのっとり、音声CDの1枚分ずつでセグメント分割。1セグメント目はおおよそ『重要度☆☆☆(出現頻度が極めて高い単語です、必ず覚えておきましょうとの注)の1~456語』の範囲です。まだこの1セグメント目のサイクル回しをしている最中ですが、これを覚えたことでどのくらい成果があるのか、試しに英検1級過去問2006年度第1回、第2回の語彙パートを解いてみました。そしたらなんと、

2006年1回:22点/25点中
2006年2回:19点/25点中

わー、信じられんcoldsweats02
語彙学習を始める前は11点とか14点だったのですよ。すごい、本当に「出る順」でした。重要度☆☆☆の単語を一通り学習した(まだ完全に定着したとは言えない)だけで、ここまで上がるとは!点数だけでなく、勘ではなく自信を持って解答できたものが格段に増えました。復習と定着をかねて問題に出ている単語を出る順で探すと、正答の単語はかなりの確率で掲載されており、しかも「重要度☆☆☆」にある確率けっこう高し。私が間違えた問題の正答の単語で、「出る順」に載っていなかったのは1語だけでした。8点くらい底上げされた分は、全て「出る順」で学習したから答えられた問題ですから、ほとんど隙のない掲載率です。

とはいえ、この単語集は出版年月からすると、2004年~2007年度の試験問題を分析して単語をピックアップしている模様です。出版よりも後の問題だとどうなるだろうと、2008年度の過去問を同じようにやってみたところ・・・

2008年1回:12点
2008年2回:12点

あ、やっぱり(^^;
また、2008年度第1回で私が解けなかった問題の正答の単語のうちの8語、第2回の同じく9語は、「出る順」には掲載されていませんでした。

ということで、過去問を分析して作られた単語集なだけに、過去問には滅法強い。そして、今まで知らなかったこれらの単語を習得することはもちろん必要不可欠なステップであり今はまずこれを習得するべきであるが、これだけでは1級突破には不十分だということも分かりました。

***
外耳炎はやっと良くなってきました。まだ右耳の下の首筋に触れると痛いので完治はしていないようですが、とりあえず耳自体の痛みはなくなり、平穏になりました。ふー、これでウォークマンが使えます!(笑)


|

« 外耳炎再び | トップページ | デビットカードの盲点 »

英語」カテゴリの記事

コメント

はじめまして。
私もこの本の構成いいなー、と思ってましたが「出る順」じゃなくて「出た順」ですよね。過去問から頻度の多い順に並べただけでは片手落ちで、その中からコーパス上の頻度が同じぐらいにあって、過去に出たことのない単語まで予想してピックアップしないと「出る順」にならんのではないかと。
まあ、過去に出た単語が繰り返し出題されることも結構あるようなので、最低限抑えておくべき単語という視点では大いに意味があると思いますが。

投稿: Char | 2009年5月16日 (土) 20時26分

そこまでは把握していませんでした(冷汗)
恐るべし英検1級!eikenmaniacさんのいうことがわかりました。
でも土佐犬さんの言う、準1級レベルの単語の抜けをなくすにはもってこいの単語帳でもありますね!やはり語彙力増強のために+αとしてタイムやニューズウィークの精読も必要そうですね。

投稿: k2 | 2009年5月16日 (土) 23時23分


> Charさん
はじめまして、コメントありがとうございます。
>「出る順」じゃなくて「出た順」
まさにその通り!!!そう、そうなんですよね。言い得て妙だったので、記事のタイトルを変更させていただきました(笑)
「過去出題された意味や用法を厳選して掲載」という本書のコンセプト的に言って、過去に出たことのない単語も載せろというのは無理な要求かもしれませんが…


> k2さん
>準1級レベルの単語の抜けをなくす
そうなんですよね、これを完成させれば、一つランクアップできるのは確かなので、まずはここからです。必要十分から言うと「十分ではないが、必要である」ですね。私はまずこの本の単語を習得するところからランクアップしていきたいです。

投稿: 九条あおこ | 2009年5月16日 (土) 23時54分

出る順のレビューを更新したのでもしお時間がありましたら、読んでみてください。
いずれにしても、九条さんの英検1級合格を全力で応援しています!

投稿: k2 | 2009年5月17日 (日) 12時58分

> k2 さん
レビュー記事、拝見いたしました。客観的な詳細検証、すばらしいです。
そもそも書籍のタイトルというのは、本の内容を正確に具現化したものとは限りませんし。マーケティング的に言って、「出た順」より「出る順」ですよね、そりゃあ(笑)

投稿: 九条あおこ | 2009年5月17日 (日) 23時09分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/500375/45025469

この記事へのトラックバック一覧です: 「出る順」は正確には「出た順」:

« 外耳炎再び | トップページ | デビットカードの盲点 »