« 水伝は科学じゃないって(爆) | トップページ | 菩薩を見た! »

2009年6月 6日 (土)

スクールに通う意味

TOEIC800→900で実際そうだったように、英検1級も3年くらいかけてマイペースで合格を目指すのならば、のんびり学習していても良いと思うのです。実際、1月のTOEICで900点を達成し目標を英検1級にシフトした当初は、そのつもりでした。別にいつまでに取らなきゃいけないという期限はないのだから、ゆるゆると少しずつ勉強していこうと。

なのですが、①この不況で転職を余儀なくされる可能性が現実のものとなり、1年以内に1級合格して履歴書のアイテムに加えたい!と思うようになった②他の英語学習者の方々の情熱にあてられた(笑) 、の2つの理由により、のんびり構えてる場合じゃない~と思い始めたのです。そうなると、短期間で合格するには、私の場合は独学だけでは厳しい、スクールで効率の良い勉強方法を指南してもらったほうが良いのではないかということになりました。

去年までは、いつまでにTOEIC900を取らないといけないなんて縛りは何も無かったので、スクールに万単位のお金を払うなんてそんなの有り得ないーもったいないー独学でいいよーと思っていましたが、期限を意識し始めてみると、プロの指導をあおぐのもアリだろうという風に考えが変わりました。それに、対面授業でしか得られない何かというものがあると、花田塾で感じました。(同じように、仏教書を読むだけと、面と向かって仏教者のお話を聴聞するのでは全然違うし)

あと以前から、インプット学習は独学で足りるとしても、アウトプットにおいては独学だけでは限界があり、発音・エッセイライティング・スピーチについては、いつかは一度スクールに・・・と、漠然とは思っていました。「いつか」から「今」に変わったのでした。


ところで、スクールの価値は納得できるようになりましたが、初級者がネイティブ先生の英会話学校に通うっていうのはどうなんだろうなあと思います。趣味として習い事するのは自由ですけど。(独学で基礎力をつけてからでないとネイティブとの会話練習の真の価値は得られないと、個人的には思っています)
目指せTOEIC500突破!とかいうコースも、そこは独学で基礎をつけたほうが・・・とも思わないでもないですが、初級者こそはそもそも勉強の仕方が分からないから手取り足取り指導して欲しいとか、強制力が無いと勉強が継続できないから定期的に通う必要があるとかいうニーズがあるのはすごく理解できるので、存在意義はあります、分かります。世のニーズにはがっちり合致していますね。

|

« 水伝は科学じゃないって(爆) | トップページ | 菩薩を見た! »

英語」カテゴリの記事

コメント

そうですね!私がブログ英語の勉強を好きになったのも、エッセンスに通ったのがきっかけですし、実際あおこさんと同じで、通ってよかったなと思っています。お互い勉強頑張りましょう~!!

投稿: researcher1980 | 2009年6月 6日 (土) 23時23分

>researcher1980 さん
スクールに通う「だけ」なら意味はないけれど、スクールをきっかけにして学習意欲が高まったり、もっとやってみたい!と道を深めることができたりするならば、大いに意味がありますよね。
これからもお互い切磋琢磨いたしましょう。

投稿: 九条あおこ | 2009年6月 8日 (月) 01時52分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/500375/45098069

この記事へのトラックバック一覧です: スクールに通う意味:

« 水伝は科学じゃないって(爆) | トップページ | 菩薩を見た! »