« カプランの選択クラス | トップページ | もうすぐ失業者(爆) »

2009年6月28日 (日)

アイビーリーグイングリッシュ体験セミナー

今日はTOEIC試験日でしたね。受験された方々、お疲れ様でした。

私は今日は複数の用事があり、朝から夜までずっと銀座にいました。用事のうちの一つは、米原先生のアイビーリーグイングリッシュ体験セミナー&ワークショップ受講。カプラン銀座校を初体験してきました。表参道とちょっと雰囲気違いますね。銀座な感じ(なんじゃそら)

アイビーリーグイングリッシュ、実際の授業を既に体験しているのですが、由来とかを聞いてみたかったので。お話を聞いても、「日本語禁止のカプランで、日本語で説明する授業をやれてるって不思議だなあ(笑)」とやっぱり思いました。(追記:米原先生の信念は、石渡先生のおっしゃっていた『英語は「習うより慣れろ」ではない。習わないとダメ。』と合致していることに、1日経ってから気付きました。だからカプランで間違ってない。)

米原先生の外国語習得理論のキモ
(1)理解が先。まず理解をした上で、何度も繰り返して覚える。
理解は、母語と習得言語の食い違い部分に焦点を当てた解説を受けることが肝要。たとえば冠詞は日本語には無いのだから、教科書5~6ページ分は解説が必要。そしてその解説は母語で受けるのが効率的。(だとすると、ネイティブ先生のGrammar Communicationの授業はどうなんでしょうか(^^;)
覚えることは、もちろん一人でも出来るのだが、大抵の人はそれでは挫折してしまう。クラスに出席して仕組み化することが大事。

(2)先に読み書きをするのはおかしい、言語はやはりspeakingから。
アメリカの外国語クラスのreadingの授業は、読んだ内容についてdiscussionをする。(カプランの授業はまさにコレですね、Newsweek discussionとか、country profile とか)

|

« カプランの選択クラス | トップページ | もうすぐ失業者(爆) »

英語」カテゴリの記事

コメント

九条さん、
こんにちは。

今回はTOEIC受験されなかったんですね。私は満点取り損ねたようです・・・。また次回に期待します。

米原先生の外国語習得理論のキモには非常に興味を覚えました。確かにそうですよね。
理解があって、その先にアウトプットがあるのだと思います。


追伸
HUMMERさんより、イベントの件で連絡頂きました。よろしければ連絡を頂けますでしょうか?宜しくお願いします。


Tommy

投稿: Tommy | 2009年6月29日 (月) 15時22分

>Tommyさん
こんにちは。
7月のTOEICは私も受験予定です。冷静にスコアやアビメを分析してみると、満点どころか950点でも相当ハードルが高いことに気付きます。私はpart2を何とかしないと!(^^;
 米原先生は理解を強調されていましたが、それは石渡先生のおっしゃっていた『英語は「習うより慣れろ」ではない。習わないとダメ。』に通ずると、後から気付きました。
 追伸の件、先程メールアドレスをご連絡させていただきましたのでよろしくお願いします。

投稿: 九条あおこ | 2009年6月29日 (月) 21時58分

米原先生は最近文法の本を出されましたがカプランではそれを使って授業とかされるのでしょうか?

いきなりですが、九条さんは外資系企業に転職されないのですか?

投稿: おうすけ | 2009年6月30日 (火) 12時14分

> おうすけさん
米原先生によると、「Ivy League English」クラスは7/20開始の7月期から『完全マスター英文法』を使った授業になるそうです。
 転職については・・6/30の記事をご覧下さい(^^;外資でも国内でも、どちらでも良いと思っています。

投稿: 九条あおこ | 2009年7月 1日 (水) 00時20分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/500375/45484944

この記事へのトラックバック一覧です: アイビーリーグイングリッシュ体験セミナー:

« カプランの選択クラス | トップページ | もうすぐ失業者(爆) »