« 【脱「ひとり勝ち」文明論】 | トップページ | 【脱貧困の経済学】 »

2009年9月 3日 (木)

転職活動と今後の学習

英検1級に受かってしまったら、ちょっと気が抜けて英語学習サボりがちでちょっとマズイです。いや全くやってないわけじゃないし、カプランがあるのでそれなりの緊張感はキープしていますが、やっぱり試験合格!という明確で期日のある目標がないと、テンションを維持するのは難しいですね。
あ、ウーゴのlisten & repeatは毎日欠かさずやってます。やっぱり歩きながら学習の教材としては、ウーゴの音声ファイルがダントツで大好きですheart01 去年これを始めた時は、「TOEICで出てきたら(聞いたらor見たら)分かる」というインプットのレベルでやっていましたが、今は、ウーゴに出てきた表現をカプランのディスカッションで使えるよう、アウトプットで使えるレベルを目指して、1日に何unitも進めるよりは1日1unitに限って繰り返すようにしています。

さて、英語の試験も、国連英検や通訳ガイド試験に興味があり、近いうちに・・・と思っているのですが、最近それよりも、来年は社会保険労務士試験にチャレンジしようかという衝動に襲われてます。これ本気でやるとなると、おそらく英語学習も仏教の勉強も中断しないといけないので、そこが踏み切れないのですが。

だいたい来年じゃあんまり意味ないんですが(笑)今そういう衝動にかられているのは、転職活動の選択肢として法律関連の事務所を視野に入れるようになったからです。電機関連の製造業はあまりにも不況で求人が少ないんで(笑)、前と同じ業界という高望みはしていないのですが、だけど「営業事務」「経理事務」みたいなどんな産業でも通用する職種での経験が無くて。同じ職種ってよその業界含めてもめったに無いので、営業事務とか貿易事務とかに応募するんですが、「未経験からの応募」ではこのご時世、書類選考で落選続き。(本当に誰でも出来るいわゆる「一般事務」となると年収が200万円台に落ち込み、それはちょっと生活できない・・・sweat02)30代の転職は即戦力が求められる、って、いやそうなんだけど、即戦力になれる業界(と職種)が不況すぎてなあ(笑)

それで、今までいた業界以外でやってみたい仕事というと・・・法律系の事務所が候補として浮上。給料は安いのが多いけど、もともとの専攻を活かすっていったらここだよなあと。しかし、そうなるとこれがまた「○×資格保持者 尚可」となって、やっぱり資格がないと厳しい。経理経験があれば会計事務所とか税理士事務所とかで有利だし、総務経験があれば社会保険労務士事務所で有利。しかし私はどっちでもない・・・。
うーん、事務職だったら経理とか総務とか、どこの業界でも必ず存在する部署のほうが不況に強いね!

ともあれ、この先どこに勤めるにしても、いつ再度転職することになるかも分からないし、資格は取っといて損はないなあと思ったのでした。今の状況下だと、英語ばっかりやっていないで他のことも考えておけばよかった・・・みたいに思いそうになるんですが、英検やTOEIC以外の資格のことを考えるようになったのも、7月に英検1級に合格できたからじゃないか!と自分に思い出させています(^^; 
英語にしても、「英語での実務経験○年以上の方」というような条件が多く、私は実務経験が無いので、実務経験の代わりにせめても英検1級・TOEIC900点という資格で証明させて下さい、という感じです。世の中とにかく「実務経験」重視。資格だけあってもあまり効果が無いということは実感しているんですけどね。

ところでココログニュースのヘッドに「完全失業率 過去最悪を更新」とあり、『8月28日に総務省が発表した7月の完全失業率は5.7%で過去最悪。また、厚生労働省が同日発表した7月の有効求人倍率も0.42倍と過去最低』という記事が。(ちなみに正社員有効求人倍率は0.24倍です)
んん?何で今頃?28日のニュースですぞ。

|

« 【脱「ひとり勝ち」文明論】 | トップページ | 【脱貧困の経済学】 »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/500375/46106839

この記事へのトラックバック一覧です: 転職活動と今後の学習:

« 【脱「ひとり勝ち」文明論】 | トップページ | 【脱貧困の経済学】 »