« エリック・ボンバール杯感想 | トップページ | 【働く幸せ】 »

2009年10月24日 (土)

1駅1題 新TOEIC TEST単語特急


1駅1題 新TOEIC TEST単語特急
森田 鉄也

文法特急はついついその場で解説を読み込みだらだらやってしまったので、こちらは第1周目は章の最初に示されている制限時間を意識しながら解きました。そしたら、全100問中3問間違えで、本全体を24分で完走!おーやればできるじゃん自分(笑)第8章のハイレベル問題以外は、「中上級者の解答目標タイム」よりも短い時間で解答できました。とにかくTOEIC重要単語がぎゅっと詰まっていて密度濃!2周目はタイムトライアルなしに解説をじっくり読んで、あいまいな理解のままになっている単語をチェックしていきたいです。

最初「単語本」というから、ウーゴやデルボみたいな「インプットのための単語集」を想像しました。しかし実際は文法特急同様の問題集形式でした。
良質のインプットなしにアウトプットはあり得ませんが、インプットだけではダメなのも事実。アウトプットで反芻しないと自分のモノにはなりません。ウーゴやデルボでインプットしたものを、本書の問題演習形式でアウトプット練習すると効果的ではないでしょうか。解説も詳しいので、その場で即復習もできますし。とにかく語注が詳しいので、本書1冊で辞書要らずというのが「電車勉強」には効くでしょう。新書サイズで一問一答という手軽さは、フルサイズの問題集だと構えてしまってなかなかやり通せない、持ち歩くにも重いし、採点しにくいし・・・という「ちょっと気合が足りないのが悩み」という手合いにはうってつけだと思います。(←いまだに「直前模試3回分」が中途半端なままの私みたいな手合い(爆))

ところで、ウーゴの音声ファイルで(文字を見ずに)listen&repeatする時に固有名詞でひっかかりまくった私としては、147ページの『固有名詞を「固有名詞」と認識するのは意外に大事なこと』というコラムに頷くことしきり。いやホント固有名詞ってあなどれないよね、難しいよね~。特に、リーディングなら固有名詞は大文字から始まってるから区別しやすいけれど、リスニングでは固有名詞か「知らない単語」なのかの判断はかなり難易度の高い事柄だと思います。

明日はTOEICですね。私は次の受験予定は11月で今回は受けませんが、受験される方が最善を尽くされることを祈ってます。

|

« エリック・ボンバール杯感想 | トップページ | 【働く幸せ】 »

英語」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/500375/46513488

この記事へのトラックバック一覧です: 1駅1題 新TOEIC TEST単語特急:

« エリック・ボンバール杯感想 | トップページ | 【働く幸せ】 »