« 最長3年間の雇用 | トップページ | 【ソニー VS.サムスン】 »

2009年10月13日 (火)

1駅1題 新TOEICTEST文法特急


1駅1題 新TOEICTEST文法特急
花田 徹也

TOEIC学習者ブログ界で話題もちきりの1駅1題シリーズ、花田塾・花田先生の文法特急です。発売からはや1週間、既に周回遅れ以上の出遅れ感満載ですが、やっと私も1周目を終了しました。
時間を計りながらスピード重視で解いた・・・割には、間違えた問題の解説をその場で読み込んでしまったので、時間を計った意味が無くなりました(笑)1周するのに35分間かかりました。

1周目は8問、間違えました。ケアレスミス的なのが4問(初級~中級の4問)、じっくり解いてもやっぱり迷うなあというのが4問(上級の4問)。内訳は、
<初級編>
第1章 23/23
第2章 18/19 (5:nearとclose勘違い)
<中級編>
第3章 14/14
第4章 19/20 (14:more detailed informationを見逃し)
第5章 10/12 (2と5:文脈把握が不十分)
<上級編>
第6章 14/15 (10:問題文で「through」だ!と思ったら選択肢になかった)
第7章 12/15 (3:語法を正確に覚えてなかった、6:まさに解説の通りに迷った、7:分からなかったので勘で答えた)

さすがに第7章が一番コケてますが、初級編の第2章で間違うとかどうなんだと(笑)
間違えた問題や正答の根拠に自信がなかった問題の解説を読むと、花田塾での授業を彷彿とさせる、緻密且つ使用例豊富な解説がなされていて疑問もスッキリ解決。
正答以外の選択肢が何故ダメなのか?の解説があるのはもちろん、間違いの選択肢の単語を使うなら「この前置詞と一緒になりますよ」「こういう語形で使いますよ」「こういう場合に使いますよ」という解説までしっかりされているのが嬉しいです。似たような意味の単語の用法が脳内でごっちゃになってて間違えることが多いので。あと、副詞と接続詞の区別とか、S+Vの省略とか、ああ花田塾の授業でも同じトコでひっかかってたな~というのをまたやりそうになったり。選択肢が副詞と接続詞になっている問題は勘で解いているだけなのが発覚しました(^^;うーむ、いかんいかん。まだ読んでいない解説ページもたくさんあるので、少しずつ読み進めていきたいと思います。

花田塾の授業さながらの解説を、新書版798円で入手できるとは実にお得です。しかも持ち運べる。軽い。手軽に取り掛かれる。
単語の語注が無いので、初級者には「しんどい」かもしれませんが。ただ、単語を覚える際には「日本語訳」で覚えてもダメで、実は品詞や語法が重要なポイントになるので、そこら辺をTOEIC単語に特化して実戦的に補強してくれるのが本書の効能でしょう。


ちなみに、10/7発売日に最寄駅の書店に行ったら残念ながらまだ入荷していませんでした。amazonで見ても3冊揃って品切れていたし・・・。しかし9日の朝に再度行ったら、今度は語学書コーナーにしっかり3冊平積みでどーんと並んでいました!amazonでは今日も単語と読解は品切れているようで、その分販売機会を逃しているかと思うと勿体ないですね~。
他の2冊も追って取り組む予定です。

|

« 最長3年間の雇用 | トップページ | 【ソニー VS.サムスン】 »

英語」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/500375/46476186

この記事へのトラックバック一覧です: 1駅1題 新TOEICTEST文法特急:

« 最長3年間の雇用 | トップページ | 【ソニー VS.サムスン】 »