« 2009年10月 | トップページ | 2009年12月 »

2009年11月

2009年11月30日 (月)

インバスケット

昨日2次面接に行った会社。なんで日曜日なのかと思ったら、要するに休日でないとあっちもやってる余裕がないというものでした。だって、ただの「2次面接」じゃなかった!4時間にもわたる「人材アセスメント」試験でした。内容は、
1:グループディスカッション
2:模擬(仮想)面接
3:インバスケット

「インバスケット」なんて存在すら昨日初めて知った状態なので、帰ってからネットで調べたところ、管理職登用試験によく使われる試験のようです。あ、今回私が応募した職は全く管理職じゃないですよ。募集中の職種は「海外営業事務」「生産管理事務」という事務職です。しかしこれを採用時に使っている会社もあるんですね。

1名の採用予定に対して2次試験受験者が3人でしたが、このアセスメントで「その職種に向いてない」「社風に合わない」と判断されたらそれでお終い。SPIとは違って正解があるテストではないので、もうホント、その会社と職種が求める人物像に沿った資質かどうかっていう試験・・・これが合わないと、採用されないそうです。このアセスメントを採用に使う会社は、学歴とか職務経歴とか関係なし、フリーターでも才能があれば抜擢するというような採用方針の中小が多いようです。まさに「ご縁」の世界というか。むろん、いわゆる「仕事のできない」人間では通らないのですが。

日本の現状は、いい大学を出て新卒で大企業に入れた人が圧倒的に有利で年功序列に乗り年収アップ。ポテンシャルが高かろうと新卒で中小に入ったらその後に大手にはめったに行けないし、新卒で派遣社員になってしまうとその後に正社員になるのはえらい大変だし、フリーターになってしまったらそれこそアウト。
つまりインプット能力(=受験勉強に代表される知識習得能力)と面接で上手く自分を売り込めるプレゼンテーション能力がある人が勝ち、実際のアウトプット能力(インプットしたものを日々の業務に具現化する能力)は「採ってみないとわからない」状態。その、従来は「採ってみないと分からない」アウトプット能力を見抜くのが人材アセスメント試験だそうです。潜在能力が高い人は経歴や運に左右されずに発掘される良いシステムですが、これで「能力が低い」と烙印を押された人間はそれはそれでショックよね(^^;←要するに自分が今回のアセスメントで「低ポテンシャル」とか「対人スキルが低い」とか評価されるかもしれないのが怖いわけですが(爆)

これって学歴・職歴偏重で真に仕事のできる人間が埋もれてしまう雇用システムより断然よいと思いますが、仮にこういうアセスメントをやって採用するのが当たり前になったとして、そしたらこのアセスメントで「低ポテンシャル」とみなされてしまった場合は、一生 低賃金労働で分相応に生きていくしかないのか・・・!と、つい想像力を広げてしまいました(^^;今は「インプット能力合戦で負けた人」が割をくってるのが、「アウトプット能力競争に負けた人」が割を食うのに変化するだけだと、勝ち負けの基準が変わるだけで、結局誰かは負け組?

今までの日本では受験勉強的なインプット能力で人生が決まってきたのが、業務に直結するアウトプット能力のポテンシャルで決まるようになれば、適材適所で生産性も上がって社会全体としても良いと思うんだけど、アウトプット能力が低いという結果をつきつけられた人はどのように生きていけばよいのかしら??単純労働に従事するしかない?(単純労働でも、それで食べていける年収を確保できるなら問題ないと思いますが、そうでないあたりが問題)
知的障害は究極例だけど、「職務遂行能力が標準より低い」人は当然居るはずなので、インプット能力もアウトプット能力も低く、スポーツや芸術の才能もなく、平凡中の平凡に生まれついてしまったらどうなっちゃうのかしら・・・。昔ならば多くの平民はこつこつと農作業をやって生きてきたわけだけど、21世紀の日本で「こつこつやっていけばそれでいい」職は労働者個人にとって低賃金なだけでなく、社会全体としても新興国に負けちゃうし、やはりインプット能力もアウトプット能力も磨くしかない、という結論でしょうか。
ちなみに堀江さんなんかは、出来る人ががっつり稼いで、生産性の低い人は働かなくてもベーシックインカムで生きていけるようにすれば良いんじゃないの?という主張をしています。8割の平民がこつこつ農作業していたような時代と違って、21世紀型知識社会ではそういうことになっていくのかなー。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2009年11月28日 (土)

就職活動の経過メモ

当初、明日29日のTOEICに申し込んでいたのですが、2次面接が入ってしまって受けられなくなってしまいました(^^;グループ面接ということで、在職中の転職者への配慮ですね>日曜日実施

さて、ここまでの就職活動について振り返ってみました。ある意味、自分メモです。

書類応募総数:75社
書類選考通過社数:10社
1次面接通過社数:2社
内定:1社(取消くらった会社)

(1)面接に行けた内訳(仕事別)
電機関連の資材:3社
別業界の購買:1社
電機関連の営業事務:3社
法律事務・特許事務:3社

リクルートエージェントの担当者からは「このご時世、こだわらずに何でもとにかく応募数を増やすことです!!」とか言われて、業界問わず・一般事務にもたくさん応募だけはしたものの、
「電機関連」(前の会社に近い業界)か
「資材・購買」(前の会社での職種)か
「法律関連」(大学が法学部でした)しか通っていないのである。

やはり30代となると「完全未経験の業界・職種」には、よっぽどの情熱や夢をぶつけ無い限りは行けないということでしょう。書類選考以上に面接でそれを感じます。なにせ1次面接を通過できたのが、業界も職種も前職とかぶっている求人だけなので。両方がかぶっていると、やはり話が盛り上がるのである。そうでないところは表面的な話で終わってしまうのである。一人の求人に対して100人とか書類応募があり、10~20人面接しているような状況下では、「絶対その仕事がしたいんです!!!」くらいの情熱がないと未経験はキビシイと痛感しています。(例えば「何が何でも営業の事務がしたいんです!!!」という情熱があるわけではないので、敗退してしまっています)事務なんていう「誰でもいい仕事」では結局、年齢や住所(会社に近い人が良いんだよねと言われたこともあり)が重要な要素となってしまうということで・・・代替の利かない人材にならないと、「通勤電車1時間半とか普通だよね~」という、それはそれでなっても嬉しくない世界の住人にはなれないようです(^^;


(2)面接に行けた内訳(日付順)
6月:1社/6社
7月:1社/7社
8月:1社/9社
9月:1社/17社
10月:4社/21社
11月:2社/15社

基本的にはたくさん応募しないとイカンという結果とも言えるけれど、10月と他の月との落差はそれだけでは説明不可能。やはり時の運というか運気っちゅーものがあるのか。

(3)面接に行けた内訳(媒体別)
ハローワーク:4社/9社
リクルートエージェント:2社/39社
リクナビ・マイナビなど自己応募型求人情報サイト:4社/27社

打率は圧倒的にハローワーク。リクルートエージェントは実はあまり役に立ってない(爆)どうやら転職エージェントの場合は、選考過程も請け負ったりして、そもそもこっちの履歴書が先方の会社の人事には行かない(リクルート社内でふるいにかけてしまう)ケースが多いらしいのです。先方の採用担当じゃなくリクルート社員にスクリーニングされたんでは、応募したと言えるのだろうかと小一時間。(まあ深くは考えまい)

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2009年11月15日 (日)

『失業率5.3% 2か月連続で改善』

半月くらい前のニュースですが、
『総務省が30日発表した労働力調査によると、9月の完全失業率(季節調整値)は5.3%と前月に比べ0.2ポイント低下、昨年10月以来の2カ月連続の改善となった。一方、厚生労働省が発表した9月の有効求人倍率(同)は、過去最低だった前月より0.01ポイント改善し0.43倍だった』

0.01ポイントの改善がナンボのものぞ。
0.5を切ってるんだから、就職を希望している人のうちで職にありつける人はいまだ半分以下ではないかい。(この数字は例のごとくパートを含むので、正社員だけだときっと0.25とかでしょう)
と文句を言っていても始まらないので、鋭意、応募に励んでおります。

しかし、日本は5%超えてるだけでギャーギャー騒いでいるけれど、欧米はもっと凄いんだよね。アメリカの10%もすごいし、スペインの19%って一体。おいおいおいおい、20%近いじゃないかよ、5人に一人も失業してて大丈夫なのか、EUの経済基準とかクリアできてんのか(^^; フランスあたりも20代の若者の失業率は20%台とか言うしねえ・・・。
日本が失業率10%とかなったらどうなるんでしょうか。「一億層中流」は既に実態としては崩れているにも関わらず、いろんな社会制度はまだ古き良き昭和の「一億層中流」時代の前提のままのものが多いから、大混乱になるでしょうけど。(いやもう失業者の身としては他人事じゃないッスよ)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2009年11月14日 (土)

内定取消という罠

またしばらく放置してしまいました。

実は、前回書き込みの後に、一度ある会社から内定をもらい、やったー!となり、しかし3日くらい放置されてその後の手続きの連絡がなくちょい不安に思っていたところ、さらにその3日後に内定取消をくらいまして(爆)気持ちの整理がつくまでなかなか記事を書く気合が出てきませんでした。今から思うと、喜び勇んで「内定もらえました!」なーんて記事をアップしていなくて良かったと、逆にしみじみ(^^;
新卒の内定取消じゃあるまいし、まさか自分がそういう目に遭うとは~~。

一度は「雇用契約書を発行するので、捺印して返送するか、入社日に持参して下さい」とまで言われてたんですよ。内定後も、別に「給料上げて欲しい」とか交渉したわけじゃないです、単に「休日規定はどのようになっていますか?」「交通費は全額支給ですか?」「入社日は具体的に何日を予定していますか?」という質問をしただけです。そしたら、「ウチは本当に小規模な会社で、社内規定とか採用規定とかしっかりしてないのが現実。相性が合わないのではないかという懸念がある。」というような理由でもって、「結果としましては、この度の○○様の採用への選考は、見送らせていただくことを決断させていただきました。」というメールを送ってきたのです。
それって2次面接の後のお断りの内容としてなら妥当だと思いますが、一度内定を出したあとの断り文句としてはどうなのかと。履歴書もとっとと返送されてきまして、まるで内定は最初から無かったかのように。
こちらから電話をしてみましたが、採用担当(小規模会社なのでイコール社長)には取り次いでもらえなかったので、とりあえずメールで「残念だし、内定をもらってた間に他の会社の面接を断ったり応募ストップしてたのに、困る」という内容は送信しておきましたが・・・。

そんなこんなで、またイチから出直しです。書類応募は4社結果待ち、面接1社結果待ち。

***
ところで、日本語の「就職」「転職」って言葉の使われ方って、日本の雇用慣行を反映してるなあと思います。
「就職」
get a job
get a position。
英語なら単にそれだけのことであって、30代の転職だって「get a new job」でしょう。しかし、日本語の文脈では、就職活動といったら何はともあれ「新卒学生がするもの」。

「転職」
change my job
get a new job
就職というと新卒学生の活動が想起されるため、逆に、正社員失業者が職を探すことも「転職」を使用する現状。世間話としてなら失業者がする活動は「就職活動」でもおかしくないのですが、求人求職サービスとかの用語としては、「就職活動」と言ったら学生がするものなので、それと区別するために社会人向けの求人情報は全て「転職」。在職中だろうと離職中だろうと「転職」。
例えばホームレスや日雇いの人が探す場合になると「就職」という言葉に戻るけど、失業者と日雇いの差は何だっていうのか、要するに失職前の身分が正社員なら前の仕事から職を変えるという意味を込めて「転職」で、その前が不安定雇用だと今までは職に就いてなかった扱いになって「就職」なのか?いやーん、日本ならではの見事な身分制ですね!

※現代日本の「身分制度」とは→城さんのブログ記事その1 その2

| | コメント (3) | トラックバック (0)

« 2009年10月 | トップページ | 2009年12月 »