« 全日本フィギュア2009 | トップページ | S+Vの省略ということ »

2009年12月28日 (月)

石渡先生の特別無料セミナー

昨日はまずはフィギュアネタを書いてしまいましたが、日曜日の午後は、石渡先生の特別無料セミナーでカプランに行ってきました。
カプランに通っているとはいえ、実は石渡先生の授業は取っておらず(Master Presentationに興味はありつつ、レギュラークラスのBusiness Englishとモロかぶりの時間帯なので受講できず)、石渡先生から自分が個別認識されているとは思っていなかったのですが、blogをやっていることも含めてちゃんと把握されていました(^^;神崎先生などもそうですが、概して一流の人というのは、たくさんの人の顔と名前と基本プロフィールを押さえていてすごいなあと思います。そこが一流たるゆえんの一因なんだな、と思います。
てなわけで、校内でお姿を拝見したりちょっと挨拶をしたり以外でお話しするのは、それこそ5月のマスターセミナー以来だったのですが。相変わらずの圧倒的な上向きオーラに巻き込まれました。室内の空気の色を変えるとはまさにあのこと!あー、自分ももっと勉強しなきゃ、ってがっつり思わされました。
目的と目標・・・失業中にだいぶ見失ってしまってたところがあるので、もう一度自分の中で確認しなくては。(来年の短期目標は工業英検に決まりましたが)

そして学習の習慣づけ。とりあえず、一人で歩いている時にはリピーティングかシャドーイングかをしていないと落ち着かない、という域には入ってます。でもそれだけです。これだけでも、何もしていない人からしたら「歩いてる時くらい、好きな音楽聴いてリラックスしたいじゃん!」とか言われそうですが、あの場にいると「その程度しかやってないから、その程度の英語力なんだよ!」と突きつけられた感じです。でも生ぬるい私はちょっとやっぱり、電車の中ではサイレントの口パクでもリピーティングやシャドーイングをかます勇気はナイっす(^^; Tommyさんによると、マスクをすると口を動かしていても怪しまれなくて良いですよ、だそうですが(笑)・・・んー、電車の中はおとなしくkindleリーディングにしときます(笑)

石渡先生いわく、「人間力を向上させ、日本人らしい英語を身につけて下さい」と。決して「日本語らしい英語」ではなく。そこがポイント。多くの人は日本語っぽい英語、日本語に引っ張られた英語になってますよね。そうではなく、英語は英語で覚える。しかし、謙虚さなどの日本人ならではの良さは活かし、日本人として身につけたコンテンツをベースに世界に発信してゆく。そんなところでしょうか。
私は具体的なところでは工業英検や国連英検に興味があるので、その辺を目標に据えていれば、「日本人として身につけたコンテンツをベースに世界に発信してゆく」という大きな目的に一歩ずつ近づけるかな、と思いました。

|

« 全日本フィギュア2009 | トップページ | S+Vの省略ということ »

英語」カテゴリの記事

コメント

「謙虚さなどの日本人ならではの良さは活かし、日本人として身につけたコンテンツをベースに世界に発信してゆく」・・・おぉ、深いですね。石渡先生の特別無料セミナーは気にはなっていたのですが、行けるはずもなく。しかし、九条さんのこの一言だけでも、既に得るものがあったと思います。考えさせられますね。

2009年、このブログから色んな気付きや刺激を得ることが出来ました。感謝しています。そして、来年も引き続きよろしくお願いします。良いお年を!

投稿: 渥美クライマックス | 2009年12月31日 (木) 13時17分

>渥美クライマックスさん
あけましておめでとうございます。
英語コミュニケーションとしては日本語でしてるみたいに簡単にI'm sorryを言ってはいけない、自分の非を認めてはいけない、というようなことはよく聞きますが、石渡先生いわく、逆に日本語学習者のアメリカ人の学生が日本語で話すと急に物腰やわらかく謙虚になるんだそうで(笑)、世界中の人が日本語を習ったら世界はもっと平和になるんじゃないか、とおっしゃってました。言語によって人格が影響を受ける、そういう面は多大にありそうですね。
こちらこそ、渥美さんのブログから得られるモチベーションや情報、米国での生活のご様子など大変貴重でありがたく拝読させていただいています。今年もよろしくお願いいたします。

投稿: 九条あおこ | 2010年1月 2日 (土) 14時18分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/500375/46694187

この記事へのトラックバック一覧です: 石渡先生の特別無料セミナー:

« 全日本フィギュア2009 | トップページ | S+Vの省略ということ »