« Google Chromeの自動翻訳 | トップページ | フィギュア世界選手権2010 »

2010年3月20日 (土)

名詞の日本語、動詞の英語

カプランでは基本的には英和・和英辞典は禁止・・・ということですが、私は、内容をイチから自分で考える英作文(スピーチの準備する時とか)、和英も結構使います(笑)だって、和英を引いて「近い」単語でも何でもなにか「きっかけ」を掴まないと、これ!っていう単語が思い浮かばないことが多々あるから。和英を盲信してそのまま使うのはマズイですが、一切禁止じゃなくていいと思う。
私は、和英で引いた単語は英英辞典で確かめて、ニュアンスや語法を必ず検証しています。そのプロセスさえあれば、全面禁止することはないでしょ~と思っています。

こないだも、「(契約の)継続について話す、決める」というのを言いたかった時に、まず「継続」で引くとcontinueの名詞は3つもある!continuity、continuance 、continuation しかしどれも自分が使うには難しい単語だ。これを引いてるうちに、ああいや、この場合はrenewal だわな、と思いつく。こういう思い付く課程で和英で引くのも一つのきっかけとして使ってます。
しかし更に、そもそも、日本語思考の中では「継続について話し合う」という風に名詞で出てくることが多いのだけれど、これを直訳して「継続」という名詞で言おうとするのが間違いで、英語では「継続するかどうか(whether to continue)」「更新するかどうか(whether to renew)」という風に動詞で使うほうが素直な気がする。なんとなく、日本語では名詞のものも英語では動詞で言うというパターンが多いように感じています。

それにしても和英を引いていて思うのが、「2字の漢字熟語」+「する」という言葉の多いこと多いこと!たとえば「継続」「更新」「交渉」「提案」「推薦」「投資」「節約」・・・・・。
和英で「こうしん」をひくと、「更新」「行進」「交信」などばーっと出てきて、「2字の漢字熟語」+「する」パターン。

語法やニュアンスはもちろんですが、品詞の使い方のクセも日本語と英語じゃ全然違うな~と感じてます。

|

« Google Chromeの自動翻訳 | トップページ | フィギュア世界選手権2010 »

英語」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/500375/47855233

この記事へのトラックバック一覧です: 名詞の日本語、動詞の英語:

« Google Chromeの自動翻訳 | トップページ | フィギュア世界選手権2010 »