« 2010年6月 | トップページ | 2010年8月 »

2010年7月

2010年7月31日 (土)

公用語を英語にする、という表現に対する誤解

ちょい前に、楽天やユニクロが社内公用語を英語にするっていう話題があちこちで盛り上がっていましたが。

「仕事は駄目なのに英語ができる人」の方が「仕事はできるのに英語が駄目という人」より高い評価を受けるから、そんな制度はアホだ、というのが一番多い批判だと思いますが、私はこれは違うと思う。
というか、既得権で雇用が守られていて逃げ切り体制の50代やバブルでホイホイ入った40代の正社員なら、まあそんなこともあるのかもしれません。でも、今時の20代30代は、英語ができるできないに関わらず、そもそも「仕事は駄目」な人間が高い評価を受けるほど甘い労働市場を生きてません。なめんな就職氷河期。
それに今の若者(特に20代)で「仕事はできるのに英語は絶対無理」なんて人材はいないだろう。仕事がデキる優秀層は英語の重要性を分かってるから、既に英語ができる人も多いし、今はできなくても必要な状況になれば勉強して追いつく意気のある人でなきゃー楽天やユニクロみたいな会社の正社員になんて選んでもらえませんよ。なめんな氷河期(笑)

要は、「仕事は駄目なのに英語ができる人」の方が「仕事はできるのに英語が駄目という人」より高い評価を受ける!なんぞとのたまうのは、「仕事は駄目なのに、英語”だけ”できる人」でも正社員にホイホイなれてた時代で頭が止まってる人ではないかと思う。今時、「仕事は駄目なのに英語ができる人」が高い評価を受けると、本気で思っているのだろうか。
「仕事もできて、英語もできる人」が高い評価、「英語はできないけど仕事はできる人」は仕事の付加価値に応じた評価、「仕事ができない人」は語学力に関わらず低い評価、ってところだろう。

新卒採用はポテンシャル採用だから、採ってみたら仕事はダメな人間だった!という可能性もあるだろうが、中途採用だったら、そもそも「仕事は駄目なのに英語ができる人」なんて、どこも採らないって(笑)今時、転職市場じゃ「英語ができる人」なんて掃いて捨てるほどいる、というのが私の去年の実感。確かに、英語ができない人もまだまだたくさんいますが、今時の転職市場のイメージは「1人の募集に対して100人応募、うち50人は英語ができない、50人は英語ができる。英語ができる50人の中から、仕事がデキる人を選抜」ですかね。できないと足切りされるとして、できても、その上でその職種での経験値や意欲で勝負!みたいな。

・・・みたいなことを漠然と感じていたところ、日向先生がハッキリ断言されていました。↓
--------------------------------------------
日産、楽天、ユニクロと英語を社内公用語にする会社が増えているのを受け、「仕事は駄目なのに英語ができる人」の方が「仕事はできるのに英語が駄目という人」より高い評価を受けるとして、経営者たる者、果たしてそれで国際競争力が増すのか、逆に失うのか、よく考えた方がいいよという書き出しです。

しかし、この問いかけ自体、変だなと感じます。というのは、社員が日本人だけじゃない、あるいはこれからそうなることを想定して、英語を公用語とするような会社を考えた場合、「仕事ができる」と言えるためには当然、その仕事を英語でもこなせることが前提となるわけで、その意味で、ことこの種の会社に限った場合、「仕事はできるのに英語が駄目」ということ自体あり得ないに決まっているからです。
仕事上、英語が必須ですから、「仕事ができる」人は「英語ができる」のが当たり前に決まっています。
-------------------------------------------

あと、この手の不毛な論争が起きる一つの要因として、ウチの親なんかもそうだったんですが、「英語でビジネスする」ということの内容を知らない層からすると、どうも「公用語にする」と言うと、まるで社員同士の雑談も全て英語!日本語禁止!みたいな血も涙も無い冷徹な環境になるんだ!!という誤解を抱いて、それで「仕事は駄目なのに英語ができる人」が得する!という恐怖があるようです。いやいや違うって。会社がビジネス上で英語を公用語にするっていうのは、社内の正式な通達文書は英語にする、日本語を使わない人が一人でもいる会議は英語で行う、そういうことであって、日本人同士の雑談やメールまで全て英語しか不可!なんていうことじゃないっすよ。間違いなく、その辺、大いなる誤解がはびこっていると思います。

あ、ただ、英語力をつける過程において、カプランのように「雑談も英語で!」っていうのをやると、それはそれで英語に対する意識が変わるので、効果はあります。ちなみに楽天では一般業務の日本人同士の会議でも英語を徹底しているそうですが、一つには、これから英語化にするぞー!という移行期においては、カプラン的な意味で「英語慣れする」という効用があると思うし、あとは「ビジネスはいっそ英語でやるほうが無駄が省けて効率的に会議が出来る」っていうのも、よく聞く意見ですが一理あると思います。

| | コメント (4) | トラックバック (0)

2010年7月27日 (火)

25日のTOEIC反省

一言、惨敗。

・とにかく、準備不足。直前に「早く解く」トレーニングをしておかないと、PART5で乗り遅れる・・・。前回とか、PART5の多くは「正解が見える」くらいな感じでパパッと瞬殺できたのに、それができなかった。
・結果、PART7で時間不足に(爆)最後のダブルパッセージを全文は読めなかったので、一問塗り絵に(爆)。
・リサイクル問題、「あ、去年見た」というのは分かったが、答えは覚えていなかったので、去年ひっかかったholidayにまたひっかかった(爆)
・自分的にPART7は得意パートなので、落とすのはすんごい悔しい!次回は絶対タイムマネジメントをミスらないぞ!

・リスニングは集中力不足が如実に出た。part3、4でそれぞれ1パッセージまるまる聞き取れなくて(内容が頭に入ってこなくて)その3問とも「塗り絵」になった問題が発生。うぎゃーん!part3は、誰かが大阪に来るのをどうもてなすか?みたいなやつ。part4はブックストアの話。
・part1も一問塗り絵。
・part2は3~4個 塗り絵。

結論。
油断せずに直前はみっちり「TOEICトレーニング」を!!!!

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2010年7月23日 (金)

近況その3・TOEICとTOEIC SW

おおっと、もうあと3日後ですが、25日は半年振りにTOEICを受験する予定です。今回こそはTOEIC対策的なことは本当に何もしていないので、そういう状態で受けるとどんな結果になるか。

そして、突発的に思い立って、TOEIC SWを8/1に受験予定です。
去年までの自分では、やっぱり話す書くって全く自信がなくて・・・。や、英検のエッセイや面接は、いわば時事ネタ・ニュース英語という自分の得意分野なので、チャレンジする気になれたんですよ~。しかし「仕事の英語」となると、実務での英語経験が全くない状態ではチャレンジする勇気が出ませんでした。

しかし、この半年間、月にメール20通程度とはいえ実際の仕事上で英語を使うようになり、ちょっと自信がつきました(笑)話すほうは相変わらず実務経験としては皆無に近いですが、カプランで「とりあえず何か話す」くらいはできるようになったかな~と。点数はさほど取れないかもしれませんが(^^;、今なら受けてみてもいいかな、と思えるようになったのが自分的に進歩!

しかし、SPEAKINGの問題、あれって日本語で聞かれても困るような内容ですね。
『Tactics for TOEIC Speaking & Writing Test』というガイドブックで問題形式を見てますが、例題・・・「ATMにキャッシュカードが喰われた!今日は仕事で忙しくて時間ない、でも明日からバケーションに出かけるからカードがないと困るんだ。今日中になんとかしてくれ。』みたいな。そういう無理難題クレームに対して、応答せよと。いや、待って、そんなの日本語でもどうしたらいいか分かりませんが(爆) 採点としては、何も「顧客の機嫌は損ねないように、しかしコストも抑えよ!」みたいなことを求めているわけじゃなく、内容は何でもいいんでしょうが、それにしたって~。
カプランの授業でのディスカッションでも良く感じることですが、「英語で話す」という学習においては、話の内容自体が「ちょ、まっ、日本語でだってそんなことに対する意見なんて考えたことないよ・・・」というのがけっこうあり、英語で考えるとか日本語で考えるとかいうインターフェースの問題以上に、英語環境ってのは「自分の意見を持つこと、それを表明すること」が要求される言語なんだなあ~、日本の文化ってのはホント「暗黙の了解」「黙ってるのが美徳」だよなあ~と思わされることしばしです。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2010年7月22日 (木)

顧客満足って何て魔法の言葉

最近読み始めたブログの過去ログにて発見。
超ツボった(笑)↓
-------------------------------------------------
グローバル・ソブリンをお勧めするこれだけの理由
要点『この大幅にベンチマークを下回るパフォーマンスの下でも、運用資産を数十倍に激増させているのは、もちろん営業担当者の真摯な姿勢も大きいのだろうが、やはり上記で述べたような顧客満足や社会貢献を追求する姿勢が評価された証だろう。』
--------------------------------------------------

最大のキーワードは行動経済学と顧客満足。
いや恐れ入ります。そゆ意味では、グロソブは素晴しく顧客心理を研究しているサービス商品なんですね(笑)実際グロソブの客は、毎月の分配金に満足してるみたいだし。『毎月納税型で社会貢献』とか、言い得て妙過ぎます。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2010年7月18日 (日)

近況その2・カプランのBusiness Englishクラス

カプランの固定クラスのBusiness Englishについては前にも書いたことありますが、週1回×4週で1ターム、4週目は、スピーチとテスト(ボキャブラリー、リスニング、ミニエッセイ)。スピーチの準備はけっこう勉強になりました。

まず、そのトピックについて調べる。
自分の経験だけで話せる内容もあるけど、6月期なんかは「Why should (or shouldn't) Japanese consumers support fair trade?」、これだと、フェアトレードは日本ではマイナーだし、自分としても今まで考えたことのなかったテーマなので、まずはリサーチから。たった5分のスピーチではありますが、やるからには関連サイトや関連書籍で事前リサーチを、と思うほうなので、内容を考えるのにまず時間がかかってます。

次に、それを英語で言える内容にすっきりまとめること。こちらのブログでこんな記事がありましたが、まさに【(以下引用)母国語から、それほど精通していない言葉に訳すときは、どうしても語彙が足りないので、いかに骨子だけを伝えていくか、が鍵。枝葉末節はいさぎよく切り捨てて、本当に大事なことだけを簡単な文章で伝えていかなければならない。】って話で、日本語で思った通りの複雑な内容は到底言えないので、自分の意見は要するになんなんだ?ということを自分の中でクリアにするのは、英語スピーチならではかな~と。

それから、実際に英文原稿を作る。コロケーションや厳密な語義を英英辞典で調べたり、その言い回しは実際に使われるものか?をネットでググってチェックしたり、その部分にかなり時間をかけてしまっているので、5分のスピーチを作るのに、2時間くらいかかってました。

それから作った原稿の内容を覚えるのですが、自分で考えた内容だし、あれこれ辞書やネットで調べまくったものなので、ゴリゴリの丸暗記に比べると、わりと楽に覚えられました。というか、別に原稿から一言一句違わずに復唱することが目的ではないので、実際にクラスで話すと、原稿とは違う言い回しになったり、違うところに脱線したり・・・です。

でも、原稿通りには言えないなら原稿は不要では?ということは決してなく、良くも悪くも原稿なしでイキナリは話せないのです。「良くも悪くも」、2時間かけて色々調べるのは勉強になるので事前に準備するのは無駄じゃないです。一方で、用意したスピーチを話すことはそれなりにできるようになったものの、ぶっつけ本番で話そうとするとスラスラ話すことができないというのは私の弱点です。ホント、事前準備のできるスピーチに比べて、咄嗟に何か言おうとすると全然上手く英語が出てこなくて・・・。逆の人もいて、スピーチは覚えられなくても、仕事では海外とも電話で話してます!っていう。そういう人は、咄嗟に臨機応変に話せるってことなので、すごいなあと。

スピーチの心得としては、ちゃんと原稿を作り、ちゃんと覚える努力をし、リハーサルをしておくこと。
本番になったら、覚えたものを忘れてしまっても、あたふたせずに自信を持って話すこと。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2010年7月17日 (土)

近況その1:カプランのこと

気付けば長いこと放置・・・半年以上マトモに書いてなかったですね(^^;

さて、なんだかんだとカプランは続けております。
仕事でメールを書くことは少々(月に20通程度の低頻度)ありますが、話す機会はほとんどなく、やっぱりカプランで使わないと話すほうが完全にダメになってしまう~!というのが一つ。あと単純に、授業が楽しいから。逆に言うと、当面仕事で切羽詰って話す必要がある状況では無いので、必要性に迫られてではなく、趣味というか、好きでやっている感じです。金銭的には独学に比べて浪費してるよなあ、この金額に見合うだけのものがあるのか?と思いますが、独学だとホント読むことに特化してしまって、受動的なインプット偏重になってしまう私です。

失業中はワークショップ取り放題コースで、1コマ1000円になるくらい行きまくってましたが、再就職したらすごく忙しくて全然ワークショップに行けなくなり・・・。春に更新する時に、カプラン自体を辞めようかなとだいぶ迷ったのですが、どうにも辞めてしまうのも惜しく。固定クラスで一緒の人達とも仲良くなり、先生とも長くなり充実感を感じていたので続けたいような、でもワークショップあってこそのカプランだと思っていたのに、そのワークショップに出れなかったら意味が無いような、ああいやでも・・・と色々迷った結果、とりあえず3ヶ月間、「固定クラス1個のみ、ワークショップなし」で継続したのでした。ワークショップに行きたいのに行けない、ということに悶々としてストレスをためるくらいだったら、「割高になるけど、固定クラスだけにする」と割り切ったほうが精神衛生上いいなあと思ったので、週1回だけ通うスタイルの3ヶ月でした。で、ちょうどこの7月で契約が切れたところです。

実はカプランは今度の8月期に大々的なシステム変更があります。失業中のスタイル(ワークショップ取り放題を満喫)だったら、だいぶショックを受けてしまう変更です。
でも、個人的には、むしろラッキーでした。ワークショップなしの固定クラスだけであの金額はもう出せないや~と思っていたところだったので、この改変が無かったら、今月で辞めてるところでした。ところが、改変のおかげで、石渡先生のクラスと、お気に入りのネイティブ先生のクラスを前よりも安い金額で受講することができるように!

・ワークショップに行ってなくて
・なので銀座校には全然行っていなくて
・カプランにいるからには石渡先生のクラスも取りたかったけど今まで取れてなかった

という私にとっては、すごくナイスタイミングでの良い改変です。
(逆に、ワークショップ取り放題を堪能し、銀座がメインだった人には痛すぎる改変なのですが)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2010年7月12日 (月)

参院選の感想

自民党大勝と言われてるけど、まあ実際、地方の一人区では笑っちゃうほど圧・倒・的なんだけど(笑)、全体で見たら、比例では民主のほうがたくさん票取ってるし、議席数だって民主106:自民84でしょう?仮に公明を足したって、民主106:自公103でしょう?
まるで自民が第一党になったかのような空気は何なんだ(笑)

もちろん政権党が過半数を失うということは、政局運営上、重大なことではあるが、「過半数を失った」のが事実なだけで、自民が第一党になったわけじゃないじゃん?それに、もし一票の格差を完全是正したら、自民党があんなに復活できたかどうかわかんないよ?

野党と一口で言ったって、自民・公明と、みんなの党と、共産・社民あたりじゃ全然立ち位置も違うんだしさ。

個人的には、どこの政党に投票したら、世代間格差を是正してくれる方向に動いてくれるの?と問いたいのだが、現状ときたら、【(自民党)選対幹部は「自民、民主の2大政党の違いがはっきりしなくなっているため、『若いか高齢か』『男性か女性か』といったイメージが勝敗を左右している」とみる(朝日新聞)】ですからね~。なんだよ、自分達でも自覚してるんじゃん(笑)
あ、まあ、若者的にはみんなの党がいいらしいけれども。
現状では、比較的に「単なるバラマキをやめて、世代間格差是正方向」というマニフェストを持ってるところ+候補者個人の主張を見て、政党じゃなくて、個人を選ぶしかないのかなーという感じ。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2010年6月 | トップページ | 2010年8月 »