« 2010/10/31第158回TOEIC | トップページ | 生の英語のfigure(自動詞) »

2010年11月 3日 (水)

リニューアル後のカプラン

地味にカプラン通学を続けています。

8月下旬のタームからシステムがリニューアルされ、去年とはだいぶ様相が変わりました。良くなった面もあるし、不便に感じる面もありですが、自分的に最大の利点は、石渡先生の授業の開講数が増えたこと。(正確に言うと、新設された「石渡スペシャル」が振替自由で週に複数回 開講されているので、以前のMaster presentationよりも断然間口が広くなった)カプランに入学したからには石渡先生の授業も受けたいよなー、でもMaster presentation人多過ぎだしなあ~とずっと思っていたので、これは良かったです。振替自由でどの曜日に出ても良いのをいいことに、登録は日曜日でしているのですが、本来の日曜日に出たのはまだ2回で、あとは土曜に行ったり木曜に行ったり今日は水曜に行ったり、ランダムに過ぎるぞ自分。

「石渡スペシャル」でやってること
(1)発音指南
母音の発音の綿密な指導。リエゾンに関しては花田塾でかなりやったのでそれなりに慣れたのですが、母音の使い分けなんて全く未知の領域で、四苦八苦しちょります。2つの「イ」、2つの「エ」、そしてたくさんの「ア」・・・ぬおおお、しんどいです難しいですう~(ぎゃふん) まだ母音だけの発音練習でいっぱいいっぱいで、これをスピーチ暗唱に活かすとか・・遠い、遠く遥かな世界だわ~。

(2)スモールトーク指南
スモールトークの基本の説明と実践など

(3)オバマスピーチの暗唱
2004年演説の最後の部分、In the end, in the end, in the end・・・以降。1ヶ月あたり、元のスピーチの音声で言うと30秒分くらいの長さなので分量は少ないですが、十数人の前で発表する、というのは単なる暗記以上の何かがあります。自宅では覚えたぜーと思ってても、いざクラスの前でやるとすっぽ抜けたり・・・。授業での指摘は、ジェスチャーや姿勢やアイコンタクトの取り方など、「英文暗記」以外の指南がほとんどです。前に立ってやる順番は決まっていなくて手を挙げた順、人数が多いと全員はやらないのですが、やらないとかもったいないので毎回最初に手を挙げることにしてます。でも今日は 同じく振替で出席されていた あかつきちかさんに先を越されました(笑)

(4)自分のスピーチ(1回の授業で3人くらい)
これも、この授業を取ってるならやらなゃ損、と思っているのですが、無言不実行でまだやってません(爆)じ・次回こそ・・・!

|

« 2010/10/31第158回TOEIC | トップページ | 生の英語のfigure(自動詞) »

英語」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/500375/49930393

この記事へのトラックバック一覧です: リニューアル後のカプラン:

« 2010/10/31第158回TOEIC | トップページ | 生の英語のfigure(自動詞) »