« 2010/10/31第158回TOEICの結果 | トップページ | 近現代史を英語で学ぶクラス »

2010年11月23日 (火)

デルボの良さ再発見

新TOEIC R TEST 出る順で学ぶボキャブラリー990
新TOEIC R TEST 出る順で学ぶボキャブラリー990

もともと昔から妹に英語(中学高校の学校英語)を教えたりはしてましたが、この1,2年は、「仕事で英語が必要になった」とか「会社でTOEICが必須で・・・」とかいう相談も時々受けるようになりました。親しい人でないと、あまり突っ込んだアドバイスはできないですが、とりあえずTOEIC対策を聞かれた場合は、特急シリーズや、神崎先生の著書を薦めます。売り文句は「本当に本番のテストに似てるから(笑)!」メールでのやりとりの場合はamazonのアドレス付きで販売促進。 
しかし実際、本屋に行くとものすごい種類のTOEIC対策本が並んでてて、英語学習オタクじゃない人にとってはどれを選んだらいいのか分からない、というのが問題だろうなあと思います。やり方がわからない、といのは入門者の普遍的な悩みですよね。

さて、TOEIC対策を聞かれた場合、中級者さんであれば文法特急あたりをがつっと勧めます。一方初級者さんだと文法特急を渡しても「そもそもゆっくり読んでも何言ってるかわからない」とか言われるので、まずデルボで単語を覚えることをお勧めしています。
そんな中で、デルボのCDを使ってlisten& repeatをちょっとやってみたら・・・、改めて、これはイイ!コンパクトで平易な例文でありつつ、読み上げるスピードはTOEIC本番級。初級者向けだと、やたらゆっくりだったりする教材も多い中、「単語は平易で、一文は短め(リテンション可能な長さ)、スピードは普通」というのはリスニング対策としても最適で、一石二鳥。初級者さんにもお勧めだけど、1回聞いてそれを復唱するリテンション能力を高める必要を感じていた今の自分にもぴったりだ!!今までウーゴ一辺倒でしたが、デルボの良さにも遅ればせながら目覚めました(笑)


|

« 2010/10/31第158回TOEICの結果 | トップページ | 近現代史を英語で学ぶクラス »

英語」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/500375/50111094

この記事へのトラックバック一覧です: デルボの良さ再発見:

« 2010/10/31第158回TOEICの結果 | トップページ | 近現代史を英語で学ぶクラス »