« 第174回TOEICの結果 | トップページ | 第187回 TOEIC公開テストの結果 »

2014年1月12日 (日)

第187回 TOEIC公開テスト受験してきました

2012年11月以来の、久しぶりのTOEICでした。
知らないうちに、集合時間や休憩時間の入れ方が変わってましたね。

2013年は、前半はケンブリッジ英検FCEを受けたのでそちらに注力していました。後半は私事の趣味で忙しくて全く受験機会がないまま、英語学習を始めてから初めて、一度もTOEICを受けなかった1年となりました。

で、久しぶりでやっぱり勘が鈍っていました。
何って、TOEICマニアの基本中の基本である「フォーム番号の確認」を完全に失念していました!(爆)ええと回答用紙は緑だったので、マイナーですかね。

出来としては、リスニングpart1, 2は勘マークがいくつかあり、予想レンジ480~490。
やっぱり問題はpart2だよなあ。いまだに、毎回3~4問くらいは問題文が聞き取れずに勘マークに陥ります、、、、
part3, 4は、41番(part3の1問目)以外は、マークミスや勘違いをしてなければ合ってるはず。part3の第一題は、自分の鬼門だと分かってるのに、またやってしまったorz 何故か、冒頭を聞き逃しちゃうんですよね・・・。

今回、リスニングのpart4の終わりから2題目(95~97番のところ)で、突如音声が「~~うわわわわん、きゅるん」と早送りになり、その後シーン(しばし間) となってから、「This is the end of the listening test.」と。えええええええ。
音飛びトラブルが発生し、試験が4分間中断するハプニングに遭遇!長年のTOEIC受験してきましたが、いやあ、あんな見事な音飛びは初めての体験です(笑)

音飛びが発生した直後、試験官が「全員 問題用紙を閉じて下さい!」と指示。ちょっとしてから「解答用紙を問題用紙に挟んで閉じてください」と補足が入りました。しばし中断。ここぞとばかり、目を閉じてリラックスし、再開時の集中力を高める準備をしました。

人によってはあれで集中力が切れてしまったり、想定外のトラブルにアワアワして心を乱されてしまい、余計に緊張してしまったという人もいると思いますが、個人的には、緊張の連続のリスニング中に休憩できて良かったし、問題文の前半を2回聞けてしまって特大ラッキーだったと思っています。


リーディングは、part5, 6でそれぞれに語法ですんごく迷った設問があって、終了後に英英辞典を引いたところ、あああ、各一問ずつ確実に落としました。ちなみに、「addressとremarkの用法(何を目的語にとるか)」と、「respondは他動詞で使えるか?」です。

part7に関しては、マークミス等の単純ミスがなければ、自信のない回答は無いので、希望としては490取れてるといいなあと思っています。リーディングは2つミスってると厳しいですからね(^^;

ただでさえ久しぶりで時間配分の勘を忘れてしまった上に、リスニングで4分ほど中断が入って標準とちょいズレてしまったので、目標タイムが分からなくなってしまったんですが(笑)、part5終了が14:10、part6終了が14:15、part7のシングルパッセージ終了が14:35、ダブルパッセージ終了が14:55で、トータル10分余りでした。久々だった割には、シングルパッセージが早く終わったなーっと。私はもともと、そんなに豊富に時間を余らせるタイプではないので。

直前にはリスニング勉強は多少したものの、リーディングは1年半前の経験以来でしたが、体感的には、part7を読むのが2012年受験時より更に楽になった感覚がありました。もちろん日本語を読むほどの自由自在さは無いですが、意味が分からなくて泣きそうになる感覚は本当に無くなってきたなあ・・と。

だけど、990点満点は遠い!と今回も痛感しました。
TOEICで990点を取るにはやはり、継続して受験して「TOEIC勘」を更に鋭くキープしないと難しいですね(^^;

|

« 第174回TOEICの結果 | トップページ | 第187回 TOEIC公開テストの結果 »

英語」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/500375/58934415

この記事へのトラックバック一覧です: 第187回 TOEIC公開テスト受験してきました:

« 第174回TOEICの結果 | トップページ | 第187回 TOEIC公開テストの結果 »