アニメ・コミック

2008年12月30日 (火)

冬コミの経済規模って?

年末恒例冬の祭典@ビックサイト、冬コミに一般参加してきました。相変わらずの人出です。不況でもオタクの熱気は変わらず(笑)

私は今回冬のボーナス無し!という事態に直面したため、何とか無理やり、夏コミの半分の金額に抑えました・・・。(スペースに行っちゃったら買わずにはいられないので、1ジャンル行くのを我慢して(^^;)それは今の私にとって、同人の優先順位が1位ではないからできたことですが、基本的には、オタクの性向として趣味に対する出費は惜しまないもんです(笑)とすると、この世界的不況時ではありますが、きっと冬コミの売り上げは、一般のデパートやスーパーが直面している落ち込みに比べたら少ないのではないか?と思いました。車の販売の落ち込みなんかに比べたら、動機として落ちる要素が少ない。そもそも同人を買うことには社会的なステータスのカケラもない(←ひと昔前の若者にとっての車の価値みたいな世間体とは無関係!)、物理的には生活必需品でも何でもない、でも精神的に必需品だから買っているので、それこそ食費を削ってでも趣味に費やす傾向があると思います。自分と自分の周囲の経験上そう思います(笑)
 
しかし同人市場なんて誰も正確な統計は取ってない(取れない)だろうから、どんな金額なんでしょうね。フェルミ推定を使えば推測はできるのでしょうが、いや難しいなあ(^^; そもそも多くのサークルにとっては採算度外視の趣味活動だし、よっぽどの大手で同人の売り上げが税務署にひっかかるとかでない限りはお役所には把握されない産業だし、印刷所も中小企業揃いだし、統計を取るのは難しいブラックホールのような世界であります。

方法としては、①参加サークル数(3日間で35,000らしい)×1サークル当たりの売り上げ ②参加者数(変動が激しく、1日あたり15万人~20万人、3日間で50万前後らしい)×推定出費 の2つが思い浮かびます。

①は、弱小サークルの売り上げなら経験から割り出せても、大手サークルさん達が一体何冊刷っててどんだけの売り上げがあるのかはイマイチ想像できません(@。@)世帯所得の統計における平均値と中央値との乖離で分かるとおり、平均値なんてのはごく少数の高額者の存在によってアッサリ上がるものなので、中央値はともかく平均値は結構高くなるのではないでしょうか。

②は、人数自体公称なので実数は不明(あんなの測りようがナイ)、そしてコスプレが目当てで本やグッズは全く買わない人もいるでしょうし、毎回6桁出費の猛者もたくさんいるでしょう(笑)えーと、50万人前後というのは延べ人数なので、2日間・3日間行ってる人もたくさんいるはず。少なめに見積もって、仮に25万人×一人1万円だとしても、25万人×1万円で25億円!?(①のサークル数からすると、もうちょっと大きいな、きっと)いや凄い市場だ。これ不況で減るんですかね。会場に来たらついつい買っちゃうモンなので(笑)、今回の公称来場者数が発表されたら傾向が分かる、かも?

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2008年11月25日 (火)

チェーザレ 6―破壊の創造者 (6)

チェーザレ 6―破壊の創造者 (6) (KCデラックス)
惣領 冬実

この記事で紹介したチェーザレの6巻が出てました。

アンジェロとチェーザレの関係も腐女子ポイント高いですが、個人的にはシレンツィオがめっさ好み!!こういう知的な美形は好きです。・・・そうか、どっかで見たタイプと思ったら、頭脳派タレ目黒髪ストレート長髪、パプワの高松先生ではないか!(笑)←自分で超納得

それにしてもルクレツィアたんったら、パパのお膝の上に乗っちゃって、小悪魔全開。11歳にして立派な悪女です(笑)「教皇様がお亡くなりになれば兄上が・・・」とか、怖いわ、本気だわこの子(笑)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2008年10月14日 (火)

チェーザレ —破壊の創造者

チェーザレ—破壊の創造者 (3) (KCデラックス)
惣領 冬実

友人から薦められて読んでみました。現在コミックスは5巻まで出ています。6巻も年内に出るらしい?ルネサンス期の実在の人物だというチェーザレ・ボルジアの本格的伝記に近いフィクション。フィクションとはいえ、相当マニアックに時代考証しているそうで、絵的にも描き込みが半端ないです。私は西洋史は全然詳しくないし、中世ヨーロッパの基礎知識もあまりありませんが、一気に引き込まれました!ルネサンス期に詳しい人はそれはそれで有名人勢ぞろいで「おおー!」となるのではないでしょうか。時代考証がしっかりしてるから、なんじゃこれー!ってことにはならないであろう、本格派です。

美形男子主従の深い絆とか、ハードな世界に生きる主人公と平凡な天然ちゃんの奇妙な友情とか、フィクションとしての魅力もバッチリ。そして個人的に気に入ったのが、チェーザレの妹のルクレツィア。(現時点では4巻冒頭にしか出ていません)「兄上を理解できて 兄上の力になりうる女は多分―この世に私しかいないわ」なんて言っちゃって、究極ブラコン(笑)。3巻の帯のこのイラスト!(4巻冒頭のカラー扉イラスト)兄妹でこの構図はそそります。兄妹愛と言っても、ギアスのルルとナナリーは自分的に特に何も感じないまま終わっちゃったのですが、ルクレツィア→チェーザレは一読した瞬間に引き込まれました。どうして兄妹では結婚できないの?とか言って、まだ11歳の女の子ですから素で本気!ブラコンシチュエーション、好きです(笑)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2008年8月18日 (月)

555フェス武道館

今年の夏コミは暑すぎでした(笑)あの耐久レースの後に行ったせいで、1日目は集中力が切れてたんだと思います。2日目は普通に声優さん達の演技に感動!1日目も2日目も2階席でしたが、7列くらい前になっただけで視界が全然違ったし。だって1日目は生でゆかなさんがいるトコ見えなかったもん。2日目は見えたもの!

ギアスサイドの核心:
スザルルの出会いと確執
皇帝とルルの親子喧嘩
カレンのルル&ゼロへの想い
CCの孤独の歩みとルルへの想い

「ルルーシュに償わせるのは僕の義務。僕だけの権利」とか言ちゃって相変わらずスザルルさんは公式でした。

・CCカレンのシーン
ブラックリベリオン後のトウキョウ租界で、ファーストフードのバイトをするカレン。
カレン「ご一緒にポテトのセットはいかがですか~?」
CC「イモは要らない。ピザを出せ」
これがCCとカレンの再会だそうです(笑)そうかーCCたんがカレンを迎えに行ったのかー。

・CCの過去総括
親切な魔女さん、に騙されちゃった女の子のおはなし。15話そのまんまなんだけど、
「女の子は、前よりもっと一人ぼっちになってしまったのです。」のナレーションが凄い…切なさを増す…「生きているんじゃない、ただ死なないだけなんだって」「だけど、黒の騎士団と戦った日々は、久しぶりに私に生きている実感を与えてくれた」

死ぬことが望み、と明かされた15話の流れに比べて、この「黒の騎士団と戦った日々は久しぶりに私に生きている実感を与えてくれた」は、ロロたんの「あの時間だけは本物だった」と同じものを感じてうるうるきちゃいます。ルルだけじゃなくてカレンとか含めて黒の騎士団と戦った日々、なんだろうけど、でもやっぱ、ルルに本当に情があったんだなあっていう感じで…良いナレーションでした。

・CC×ルル×カレンの三つ巴(笑)
カレン「珍しく意見が一致したようね」
CC「意見じゃなくて利害だろ」
カレン「私達は共犯者ってことね」
CC「違う、間違っているぞカレン。私の共犯者は…アイツだけさ」
カレン「その言い方、むかつくわ。ルルーシュそっくりで」

ここ!ここたまらん!!なんてCC×ルル!!!このやりとりだけでも武道館に行った甲斐があるってモンです(*´∇`*)


ハマってるわりに、まだ1期のDVDとかコンプリートしてなくて見てない絵とかたくさんあるので、アーティスト演奏の時のバックに出てた子供時代イラストのコーネリア姉様とユフィ(天使ちゃんな風情の)が初見でした!スザルルナナリー3人で遊んでるイラストとかも元ネタ知らないんだけど、あれってもしかしてイベント用の書き下ろしとかなんでしょうか?

アリプロはたった2曲のイベントのためにあの衣装を2日分ちゃんと変えてくる流石っぷりでしたが、2日目、アリカさんの額にギアスマークが!!さすが芸が細かいです。ていうか本当に魔女みたいで凄かったです。感服。

ギアスも声援は十分おっきかったけど、ガンダムには完全に負けてたー。ていうか、いろいろとガンダムのほうが有利。
・放映中のギアスは、今までの振り返りしかできない。
・2期間近のガンダムは、いきなり4年後のせっちゃんとティエリア、それだけで盛り上がるに決まってるー。ギアスだって、放映開始前に1話の試写会では同じ熱があったんだろうに、そこは時期の問題が…。
・なんだかんだ言ったって、会場の9割以上が女子。そしたら少年2・少女2のギアスより、4人とも美形男子のガンダムのほうが盛り上がるさ(^^;

声優さん人気としても、福山さん櫻井さんよりガンダム陣のほうが凄かったような…。で、宮野さんのアレはなんちゃって刹那コスなんでしょうか(笑)

ロックオンの声優さんが、台本を見るどころか完全に閉じてあの名場面の台詞を言っていたのに部外者ながら心打たれました。す・すごい・・・アレハレ瞬間入れ替わりもすごすぎた!左目と右目でアレハレが入れ替わってたなんて、今回のイベントで初めて知りました、私。(笑)←テレビで何見てたんだ。そしてあの超兵の女の子がソーマ・ピーリスって名前で、アレルヤの言うマリーだってこととか(笑)テレビで1回見たくらいのよく分かってない状態でああいう総集編?をやってもらえると情報が整理されていいですね(笑)

最後のアンコール挨拶がまた、1日目に比べて2日目が大サービスサービス!!とりあえず福山さんがゼロ仮面で出てきたことに興奮した(笑)小清水さんのカレンコスはイベント恒例らしいですが、ゆかなさんもCCコスしてくれたらいいのに~と思ったら、たまらん!!あれカレンのファンだったらたまらんですねえ(笑)いいなあ…。ゆかなさんて、素のほうがバリバリのアニメ声で、CCの時のほうが大人な女な声でなんだかすごい。15話の奴隷少女とかなるときゃぴ声とナレーション声といまのCCと3段階の自由自在でこれもすごい。うるうる泣きそうになった時に「私はCCだからな」ってちゃんとそこだけCC。

最後、舞台の端と端に行って挨拶してるとき、福山ゼロに跪く、小清水カレンの図。
アニメ物で、生!生の醍醐味ッ!!っていうの久々に感じました。(笑)その後さらに萌えたのが、小清水さんとゆかなさんの抱擁シーン(*´∇`*)いや、あれは女の声優さんならでは!

| | コメント (0) | トラックバック (0)